メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 新型コロナウイルス感染症対策特別基金について

新型コロナウイルス感染症対策特別基金について

皆様からのたくさんのご支援ありがとうございます

  • 国立国際医療研究センター(NCGM)では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応として、患者さんへの医療の提供、新たな治療薬や治療法の開発に向けた調査研究、治療や感染症予防に関する情報発信・学術発信、国際協力や国際共同研究などに積極的に取り組んでいます。
  • また、健康危機管理への対応として、令和2年1月から2月にかけての武漢からのチャーター便帰国者への対応、2月のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号への職員派遣、地域と連携したPCR検査体制モデルの構築など幅広く活動してきました。
  • NCGMの取組の詳細は、Feel the NCGM特集号をご覧ください。(特集号冊子の印刷は、こちらをクリックしてください。)
  • このような活動に関して、皆様からたくさんの寄附金をいただいております。
  • また、マスク、フェイスシールド等の医療物資のほか、お弁当やジュースなどの食品をはじめ、多くの方々からたくさんのご支援をいただくとともに、NCGMへの励ましと応援のメッセージを多数お寄せいただいております。
  • 職員一同、皆様からのあたたかいご支援にあらためて感謝申し上げるとともに、今後の活動に努力してまいります。
  • NCGM公式twitterの紹介

gaikan   staf 

“新型コロナウイルス感染症対策特別基金”を創設しました

  • 皆様からいただきました寄附金についてはそのご趣旨を踏まえ、大切に使わせていただくため「NCGM新型コロナウイルス感染症対策特別基金」を創設し、その管理・運営については、同基金の「管理運営委員会」において、公正で透明性をもった活用方針を定めることといたしました。
  • 同基金の使途については、NCGMにおける新型コロナウイルス感染症対策の推進のため、「医療体制の整備(患者さんの診療・受け入れ体制整備・人材育成)」「研究(治療薬開発等)」「業務環境改善」「国際協力・貢献」「広報その他」といった分野において、幅広くNCGM内から提案を募集し、協議の上、決定することとしています。

医療や研究の充実のために大切に使わせていただきます

  • 令和2年7月、新型コロナウイルス感染症対策特別基金管理運営委員会は、第一段階として、以下のような使途とすることを決定しました。
  • 主な内容は以下のとおりです。

病院の医療体制の充実のために

  • 新型コロナウイルス感染症の患者さんへの医療を適切に実施できるよう、病院内の施設(関連病棟、手術室、新生児集中治療室(NICU)、内視鏡室)を陰圧化(室内の空気が外部に漏れないようにすること)します。
  • 呼吸器内科の病棟に内科系感染症患者の集中治療室を整備します。
  • 院内感染対策を強化するため、手術室に「前室」を整備するほか、血管造影室の空調管理システムを整備します。

icu   ecmo 

患者さんと職員の安全と安心のために

  • 感染症内科外来、リハビリテーション室に換気用の網戸を設置、会計等の窓口における感染防止対策や空調設備の改善、体温測定サーマルカメラシステム機器の導入など、患者さんと職員の安全を守る設備を整備します。

samo   partation 

新型コロナウイルスの治療薬や治療法の研究開発のために

  • NCGM研究所臨床研究センターを中心として、基礎的な研究をはじめ、新しい治療薬や治療法等についての臨床研究を推進します。
  • これまでも、治療薬としてのレムデシビルの国際臨床治験への参画やCOVID-19患者の症例等の個別データ登録としての「レジストリ」の構築のほか多数の研究開発に取り組んできたところですが、さらに研究開発の充実に努めます。
  • 例えば、以下のような研究を推進します。
    • 新型コロナウイルス感染症の回復者血漿療法に関する研究
    • SARS-COV-2のプロテアーゼとRNAポリメラーゼを標的とする治療薬の開発研究
    • 新型コロナウイルス抗体に関する臨床疫学研究
    • 新型コロナウイルス感染症の病態理解と効果的な対策のための患者ゲノム情報とウイルスゲノム情報の統合的解析
    • 学術誌への論文等発表の支援

RI_2 gaikan   RI_1   ghm 

国際協力・貢献のために

  • 在日外国人コミュニティーにおける新型コロナウイルス感染症対策を支援するために、情報発信やネットワーク強化等を進めます。

看護師を目指す学生の学習環境の改善のために

  • NCGMが運営する国立看護大学校(東京都清瀬市)において、オンライン講義などに不可欠な大学校内のWi-Fi環境の整備を進めます。

kangodai  kangodai2

情報発信や広報のために

  • NCGMにおける新型コロナウイルス感染症への対応について、映像や文書として記録集を作成するなど、今回の貴重な経験についての情報の集積と広報に努めます。

Feel the NCGM 特別号(表紙)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の教訓
冊子の印刷は、こちらをクリックしてください

 

進捗状況については、引き続きご報告させていただきます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

NCGM新型コロナウイルス感染症対策特別基金・管理運営委員会