メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > センターについて > 理事長挨拶

理事長挨拶

國土 典宏

国立国際医療研究センター(NCGM: National Center for Global health and Medicine)は国立高度医療研究センター(いわゆるナショナルセンター)の一つであり、明治元年(1868年)10月に江戸城山下門内に設置された兵隊仮病院にそのルーツを発し、昨年(2018年)創立150周年を迎えました。明治6年(1873年)に現在の千代田区隼町に移転し、陸軍本病院と名称も変更されました。その後も時代と共に東京陸軍病院、東京第一衛戍病院、東京第一陸軍病院と名称が変わり、昭和4年(1929年)に現在の新宿区戸山に移転しています。戦後は厚生省に移管され、国立東京第一病院として再出発し、長らく“東一”の名称で皆様に親しまれました。昭和49年(1974年)には国立病院医療センターとなり、平成5年(1993年)にナショナルセンターとして組織統合され国立国際医療センターとなりました。そして、平成27年(2015年)からは独立行政法人の一形態である国立研究開発法人に属し国立国際医療研究センター(NCGM)となりました。

現在NCGMは、センター病院、国府台病院(千葉県市川市)、研究所、臨床研究センター、国際医療協力局、国立看護大学校(東京都清瀬市)など多様な組織を有し、感染症・免疫疾患並びに糖尿病・代謝疾患等に関する研究や高度総合医療を提供するとともに、医療の分野における国際協力や医療従事者の人材育成を総合的に展開しています。

多様なNCGMのミッションをご理解いただくために、私共は3つのGでご説明しています。最初のGはGlobal health contributorのGです。NCGMの国際医療協力は1980年代の南米ボリビアに始まり、アジアやアフリカを中心にのべ134カ国に4,500名を超える職員を派遣して参りました。また153ヶ国から5,200名を超える医療者の研修生を受け入れてきました。2000年代初頭、中国やベトナムのSARS流行制圧への支援などの医療協力だけでなく、各国の健康保険制度(UHC)、母子保健、看護師認証制度など医療政策全般に関わる支援を行っています。2018年5月にはコンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱のアウトブレイク対応のためにも職員を派遣しました。

二番目のGはGrand general hospital総合病院のGです。NCGMにとってエイズや肝炎などの感染症・免疫疾患、糖尿病・代謝疾患、児童精神医療等は得意分野ですが、がんや脳卒中を始め高齢化が進む我が国のすべての疾患や病態に対応できる総合病院として機能しています。2019年4月からセンター病院に杉山温人院長、国府台病院に青柳信嘉院長と二人の新しい病院長を迎え、さらなる飛躍を目指します。センター病院の救急車の受け入れ数は全国トップクラスであり、新宿区を中心とする地域医療の担い手ともなっています。また、2020年のオリンピック・パラリンピックを控え日本を訪れる外国人が最近増えています。NCGMは国際診療部を中心に外国人患者対応にも積極的に取り組み、JMIP(外国人患者受入れ医療機関認証制度)を取得し、最新のデータでは新患外来患者の15%、入院患者の6%が外国人となっています。

三つ目のGはGateway to the Precision MedicineのGで、最近話題となっているゲノム医療、AIを活用した医療など個別化医療、高度先進医療の研究拠点になることを目指しています。NCGM研究所では世界で初めてエイズ特効薬を開発した満屋裕明研究所長の指導の下、エイズや肝炎新薬の開発、I型糖尿病に対する膵島移植、マラリアなどの熱帯病の診断や治療法の開発、など臨床に直結した研究・開発を行っています。また、病院では膵島移植の他に、蛍光イメージング技術を駆使したがん手術、喘息に対する気管支サーモプラスティ治療、スーパーマイクロサージェリー技術を応用したリンパ浮腫手術、腹膜粘液種に対する完全減量手術など多くの先駆的な医療を展開しています。

このようにNCGMのミッションは多岐にわたりますが、国家戦略に基づく研究開発法人として明治、大正、昭和、平成から令和に向けて、時代の要請に適確に対応しながら、その使命を果たしていく所存です。 

平成31年(2019年)4月1日
国立研究開発法人
国立国際医療研究センター
理事長 國土 典宏