教科書、書籍

書名 編者・出版社
日本語
標準免疫学 第2版 医学書院 谷口克、宮坂昌之編 2002年 -おススメ-
医科免疫学 第5版 南江堂 菊池浩吉、上出利光編 2001年
医系免疫学 第8版 中外医学社 矢田純一編 2003年
免疫学最新イラストレイテッド 羊土社 小安重夫編 2003年
免疫研究の最前線 共立出版 平野俊夫編 2003年
免疫学がわかる 羊土社 小安重夫編 2000年
日本語訳本
免疫生物学 原書第5版 南江堂 笹月健彦訳 2003年(ImmunoBiology Janeway2001)
免疫学イラストレイテッド 原書第5版 南江堂 多田富雄訳 2000年(Immunology Roitt1998)
英語
Fundamental Immunology 5th L,W&Wilkins, William Paul 2003
Immunology 5th W H Freeman & Co, Richard Goldsby 2003
Immunology 6th Mosby, Ivan Roitt 2001
ImmnoBiology 5th Taylor & Francis, Charles Janeway 2001

注)数ある教科書のなかからおススメのものをピックアップしました。免疫学の分野は知識、概念がかなりのスピードで進歩しているので、あまり古い教科書は使いものになりません。最近では日本の研究者も世界レベルの人が多くなっており英語の訳本(必然的に古い版になる)よりも日本語の教科書のほうが良い場合も多々あります。


総説用リンク

雑誌名 コメント 入手
レビュー専門誌
Nature Reviews Immunology 絵がきれい、商業誌的、IF=28.6
Current Opinion in Immunology 短く良くまとまっている、IF=12.9
Trends in Immunology やや独善的で短い、良い、IF=15.5
Seminars in Immunology 良い、IF=8.7
Immunological Reviews 結構長い、IF=7.4
Advances in Immunology 激長(参考書的)、IF=10.5 ×
Annual Review of Immunology 殆ど教科書、IF=54.5:全雑誌中最高
Nature Reviews Molecular Cell Biology 分子細胞生物学一般
一般誌のレビューセクション
Nature Immunology review, comenary、良い、 IF=27.9
Immunity review、mini review、良い、IF=17.5
J. Exp. Med.,  J. Immunol 時々reviewあり
Nature, Science, Cell たまに免疫関係のreviewあり
日本語雑誌
臨床免疫 免疫専門の日本語レビュー誌 ×
医学のあゆみ最新医学 時々免疫関係のreview、特集あり 図書館
細胞工学 たまに免疫関係のreviewあり、増刊も 高木
実験医学 鈴木
PNE(蛋核酵) ×
Molecular Medicine 増刊 年一回増刊、日本語総説中ではハイクラス 図書館
Annual Review 免疫 年刊、良い 図書館

注)入手が○とあるものはリンクをクリックするだけでPDFファイルにフルアクセスできます(研究所内のIPアドレスからのみ)。"高木"、"鈴木"とあるものはそれぞれの研究室で雑誌を購読しています。

 

原著論文用リンク

雑誌名
コメント アクセス 詳細
免疫専門誌
Nature Immunology 免疫専門誌最高峰 やや週刊誌的 IF=27.9 Pass
Immunity Cellプレス 格調高い IF=17.5 IP (SD)
J. Exp. Med.

ロックフェラー 細胞免疫学寄り IF=15.8

6ヶ月以前
J. Immunol. 米国免疫学会 業界標準 IF=7.0 IP
European J. Immunol.

欧州 細胞免疫学寄り IF=4.8

IP (Wiley)
International Immunol. 日本免疫学会 細胞分子免疫学 IF=3.6 2年以前
一般誌
Nature 最も有名な一般科学週刊誌 IF=30.4 Pass
Cell 細胞分子生物学専門誌としては最高 IF=27.3 IP (SD)
Science 2番目に有名な一般科学週刊誌 IF=26.7 IP
Nature Medicine 疾患、治療寄り IF=28.7 Pass

Nature Genetics

病原遺伝子寄り、ノックアウト等 IF=26.7 Pass
Nature Cell Biology 分子生物学寄り、 IF=26.7 Pass
Gene Dev. 発生系、ノックアウト等 IF=18.8 6ヶ月以前
Mol. Cell. 転写因子系、ノックアウト等 IF=16.5 IP (SD)
PNAS 科学一般、アカデミー会員査読なし IF=10.7 IP
EMBO J. 分子生物学、シグナル寄り IF=10.7 IP
Blood 血液、臨床寄りの免疫 IF=9.6 IP
Mol. Cell. Biol. 細胞分子生物 IF=8.8 IP
FASEB J. 分子生物学一般 IF=7.3 6ヶ月以前
Curr. Biol. 細胞生物学、ノックアウト等 IF=7.0 1年以前
J. Biol. Chem. 細胞分子生物一般、シグナル寄り IF=6.7 IP


注)"○"とあるものはリンクをクリックするだけでPDFファイルにフルアクセスできます(研究所内のIPアドレスから)。一部の雑誌は6ヶ月以前の号のみフルアクセスとなります。文献請求とあるのはセンター内にありませんので他の図書館へコピーを請求することになります(入手に数日以上必要)。

IMCJ内からのアクセスについてはこちらの一覧を参照。