西田さん大学院合格  (2015.8)


北里から外研で来ている4年生の西田さんが、医科歯科の修士課程の入試に合格しました!これで大学院もウチで仕事を続けられます。

お祝いのお茶会。

 

 木村新室長赴任  (2014.10)


半年間不在だった室長職に、木村彰広さんが10月より着任しました。木村さんは、大阪大の岸本忠三先生の研究室で学位を取り、ポスドクとしてAhRの研究を進め、慶応の吉村昭彦先生の研究室で助教をされていた新進気鋭の若い免疫学者です。当研究部でのこれからの活躍を期待しています!



 北島くんジョイン  (2014.4)


シアトルのZieglar研でポスドクをしていた北島くんが、ラボにジョインしてくれることになりました。皮膚炎症の研究を研究を進めてくれることを期待しています。



 新田さん送別会  (2014.3)


室長の新田さんが、4月より東大医学部免疫学教室の准教授として転出することになりました。優秀な人材が巣立っていくのは寂しいことですが、新天地で頑張って一層大きく羽ばたいてくれることを祈っています。





 歓送迎会  (2013.3)


7年間一緒に仕事をしてきたマイケルさんがアメリカに帰ることになりました。出田君、高島さんも無事卒業し、加地、早川、吉田君も転出、ラボが急に寂しくなります。みんな新天地で頑張ってください!



 国府台地区へ移転  (2012.7)


医療センターの国府台キャンパスに、新しく肝炎免疫センターの建物が完成し、免疫グループは新宿戸山から千葉、市川の国府台へと大移動することになりました。
大都会の真ん中から、静かな郊外へと移ることにより、きっと誘惑が減ってより研究に集中出来るようになることでしょう、笑。





 為廣さん、瀧北さん、吉本くん歓迎会  (2010.10)


上級研究員として為廣さんが、流動研究員として瀧北さんが、研究生として自己開発の吉本君がラボにジョインしてくれました。





 加地くん、中島さん歓迎会  (2010.7)


テクニシャンとして加地君と中島さんがジョインしてくれました。歓迎会の写真はまた取り忘れました、笑




 マイケル奨励賞受賞  (2010.3)


第19回東京免疫フォーラムにおいて、マイケルの演題「Gasp plays a critical role in thymocyt positive selection by regulating ERK activation」が研究奨励賞を受賞しました。

2年前の小田さんの受賞に引き続き、うちの研究室から2人目の受賞です。

おめでとう!


 

 多門くん送別会&忘年会  (2009.12)


自己開発プログラムで、ラボにジョインしてくれていた山口大医学部学生の多門くんが、プログラムを終了して山口に帰りました。

5ヶ月間とはいえ、彼の活躍はすばらしいものであり、様々な変異体を作製してくれました。おつかれさまでした。

これからは医学生として勉強に頑張ってください。


1





 研究所長賞受賞  (2009.12)


毎年恒例の研究所年末総集編発表会と忘年会が開催されました。


本年の最優秀部長賞に、私鈴木が選ばれ、賞品として春日所長より高級シャンパンを頂きました!

Gasp (Themis) 遺伝子発見の貢献を評価して頂いたものと思われます。
来年も一層頑張ります♪






 橋爪さんジョイン  (2009.11)


テクニシャンとして橋爪さんが11月からラボにジョインしてくれました。
女性が多くなって、うちのラボの雰囲気もいっそう明るくなりました。
歓迎会の2次会でのカラオケの様子です。

1

 

 土橋さんジョイン  (2009.10)


テクニシャンとして土橋さんがラボにジョインしてくれました。博士号を持っている優秀な研究者なので、今後の活躍に期待しています。

歓迎会にまた同じ馬場の焼肉屋へ行ったのですが、またもや写真を取り忘れました、笑



 

 マイケル入賞  (2009.8)

今年の箱根山リトリート(研究所内の流動研究員の研究発表会)で、当研究室のマイケルが優秀賞(2位)を受賞しました。一昨年、昨年の小田さんに続いて、うちのラボから3年連続入賞です。

おめでとう!

春日所長から賞金(金一封)を授与されたマイケル。




 多門くんジョイン  (2009.7)


山口大学医学部の3年生の多門君が、自己開発プログラムでうちのラボに5ヶ月間ジョインしてくれることになりました。

若いのにマジメな学生さんで、今後の活躍に期待しています。

焼肉屋で歓迎会をやったんですが、写真を撮り忘れました。。笑




 

 小田さん送別会  (2009.5)

鈴木研の大黒柱、小田さんがアメリカ、サンディエゴのScripps研究所に留学することになりました。送別会を大々的に開催しました。
小田さんの人徳からか、他の研究室、他施設の先生方もたくさ参加して下さり、大いに盛り上がりました。

小田さんのアメリカでのさらなる飛躍を期待しています!




 早川君歓迎会  (2009.4)

ポスドクの早川くんがラボにジョインしてくれました。山梨大学で博士をとったばかりの新卒のホープです。期待しています。
歓迎会の写真です。



 

 竹下さん送別会  (2009.3)

テクニシャンの竹下さんの送別会です。竹下さん、藤野さんが頑張って働いてくれたおかげで随分仕事が進みました。ほんとうに助かりました。お疲れさまでした。




 佐藤君送別会  (2008.10)

ポスドクの佐藤君が熊本大学のエイズ研究センター特別研究員の職を得て転出することになりました。dnRac-Tgの仕事を頑張って論文を仕上げ、新天地で頑張ってください! 送別会の様子です。お疲れさまでした。




 小田さん最優秀賞  (2008.8)

今年の箱根山リトリート(研究所内の流動研究員の研究発表会)で、当研究室の小田さんが「最優秀賞」を受賞しました。昨年の2位に続いて今年は堂々の首位。
おめでとう。

春日所長から賞金(金一封)を授与された小田さん。




 東京免疫フォーラム研究奨励賞 受賞 (2008.3)


医科研で行われた第17回東京免疫フォーラムにおいて小田さんの演題「マスト細胞における新規Gタンパク質RhoHの機能解析」が、研究奨励賞を受賞しました。iPodの賞品つきでした。おめでとう。


 

 免疫塾(第II期)始まりました (2008.1)


免疫塾の第2期がスタートしました。
総説編に入って第一回を行いましたが、予想以上にたくさんの皆様にご参加いただきどうもありがとうございました。


今回はとても活発なディスカッションを行うことが出来て、非常に良い感じだったと思います。

今後もどうぞよろしくお願いします。

 

 歓迎会&新年会 (2008.1)


1月から新しいポスドクの谷川さんがラボにジョインしてくれました。産業医大の田中良哉先生のところで学位を取った歯医者さんです。ガッツみなぎる新人に期待しています。おとなりのACCとの合同新年会と谷川さんの歓迎会を兼ねて飲みに行きました。


 

 忘年会&送別会 (2007.12)


永尾くんが4ヶ月の研究を終えて山口に帰るので、忘年会を兼ねて送別会をやりました。4ヶ月でターゲティングベクターを完成させた根性はたいしたものです!ご苦労様でした。



 

 免疫塾 (2007.8)


来る8月25日(土曜日)は夏休みももう終わりということで免疫塾あります。

鈴木がT細胞分化について講義する予定です。 塾の後に納涼会ということでビヤガーデン?にでも飲みに行きたいと思っています。

講義よりも飲み会のほうが多いんじゃないの?という意見もありますが(笑)、残暑を吹き飛ばしてがんばりましょう!




 箱根山リトリート (2007.8)


8月21日に毎年恒例の流動研究員の研究成果発表会「箱根山リトリート」が所内で行われました。

発表者は部室長全員に採点評価されます。
上位者は表彰され賞品をもらえるという習わしになっているのですが、わが研究部の小田が堂々2位受賞の栄冠を勝ち取りました。
おめでとう。

 

 永尾くん (2007.8)


山口大学医学部の3年生である永尾くんが、自己開発生としてうちのラボにjoinしてくれることになりました。

こちらに地盤があるわけでもないのにマンスリーマンションを借りて東京に住み、我が臨床病理研究部で研究活動をしてくれるというのは大変ありがたいことです。

4ヶ月弱という短い間ではありますが、
活躍を期待しています!

 

 懇親会(飲み会)のお知らせ  (2007.6)


6月23日(土曜日)の免疫塾の後に懇親会を行います。

医療センターの近所の若松茶屋で5時からの予定です。

参加希望者は鈴木までメールください。
当日の飛び入り参加も歓迎します。お気軽に参加ください。




懇親会の様子です。集まってくれた皆さん、おつかれさまでした。





 免疫塾 開講  (2007.6)


6月9日(土曜日)に第一回の免疫塾が開催されました。

初回ということもあってか、40名を越える皆様に参加していただき、中会議室がいっぱいになってしまうという予想外の盛況でした。





参加希望者は連絡用のメーリングリストに加入してください。
よろしくお願いします。

次回の塾は6月23日(土曜日)です。同じく午後3時から研究所中会議室です。ご参加をお待ちしています。


次回は塾の後、参加者の親睦をかねて懇親会(飲み会)を予定しています。
詳細はまた追って連絡しますので、こちらもぜひご参加ください。




 免疫塾がスタートします!   (2007.6)


来週、6月9日(土曜日)から国際医療センターで免疫塾(免疫の勉強会)を始めることになりました。研究所の中会議室で3時からです。

まずは日本語の教科書、「エッセンシャル免疫学」の輪読から始めます。

講師陣としては私の他に、研究所の高木部長、土肥部長、反町室長も参加を表明してくださっています。笹月総長、桐野研究所長も参加してくださる予定です。

免疫学に興味のある方の参加をお待ちしています。


     詳細はこちらをご覧ください。


 

 免疫ふしぎ未来   (2007.5)


ゴールデンウィークの予定がまだ決まってない方に朗報です、笑。

5月3,4日にお台場の日本科学未来館にて免疫学会主催の一般イベント「免疫ふしぎ未来」が開催されます。
私たちの研究室もこのイベントに参加しています。
ちなみに3日の午後3時から私のショートトークもあります(10分程度)。
興味のある方はぜひおいでください。







 ニュースレター   (2007.4)


今回のJSI(免疫学会)のニュースレター(Vol.15 No.1)の「新しい研究室を開くにあたって」のコーナーに、当研究室の記事を掲載していただきました。
これからも「いい仕事」を世に出していけるよう頑張っていきたいと思っております。



 

 新室長   (2007.4)


東大医科研の岩倉研究室で助手をしていた千田大先生が、この4月から当研究部の組織形態室長として赴任しました。
待望の新スタッフの参入で、我々の研究グループもよりいっそう活性化されることが期待されます。






 エッセンシャル免疫学   (2007.4)


わが国際医療センターの総長である笹月健彦先生が監修した新しい免疫学の教科書「エッセンシャル免疫学」が、メディカルサイエンスインターナショナル社から出版されました。
Peter Parham著の原題「The Immune System, 2nd edition」の和訳本です。Janewayの名著、「免疫生物学」(南江堂)と同じ図を使い、より薄くなっており、入門教科書として最適かと思います。
ちなみに、T細胞分化の章は私が訳を担当させていただきました、笑。

 





 

 小田さん卒業   (2007.3)


わが研究部の(影の)リーダー、小田さんが晴れて学位(山口大学、医学博士)を取得しました 。これからはポスドクとしてラボを引っ張ってもらいます。
山口大でお世話になった青木先生とのショット。







 Al Singer先生還暦パーティー   (2007.1)


アメリカ時代の留学先のボス、Alfred Singer博士が60歳を迎えるということで、日本人の弟子達と関係者が集まって、Singer夫妻を呼んでクローズドのミニシンポとお祝いの会を開きました。赤いチャンチャンコ姿のAlはとってもキュートでした。





 山口大学とジョイントジャーナルクラブ   (2007.1)


山口大学の青木先生主宰のジャーナルクラブにインターネット経由(iChat)で参加させていただくことになりました。

iMacとマイク以外は何も特別なデバイスは必要とせず、結構簡単に東京と山口で合同ジャーナルクラブができるなんて感動モノです! 世の中の進歩はすごいもんです。



 新ポスドク   (2006.12)


12月から北里大学医学部の佐藤義則君がわが臨床病理部のポスドク(流動研究員)としてjoinしてくれることになりました。人が増えるのはうれしいことです。




 歓迎会   (2006.10)


臨床病理新メンバーで歓迎会を兼ねて飲みに出かけました。2次会はいつものようにカラオケ。





 新任地   (2006.5)


こちらが新しく赴任した国立国際医療センター研究所の臨床病理研究部の部長室です。物がないのでガランとしていますが、職場で自分専用の部屋を持つのは初めてなので、なかなか快適です。でも、結構寂しかったりして、笑。




 免疫塾、シグナル塾送別会


シグナル塾の青木塾長が私(鈴木)と小田さんのために送別会を催してくださいました。いつもの「つぼ八」です、笑。大勢のみなさんのご参加どうもありがとうございました。

山口大学で過ごした5年間は私にとってかけがえのない思い出です。
みなさん、どうもありがとうございました。






 最終講義


4月27日に私の最終講義「リンパ球と私」が行われました。
セミナーおよびその後の懇親会にも、たくさんの皆様に来て頂いて どうもありがとうございました。




  最終講義のスライド

 


 

 異動


みなさま。
長らくお世話になりましたが、この5月1日より東京の国立国際医療センターに転任することになりました。

5年間にわたる山口での研究、教育生活を続けられたのもひとえに皆様のおかげだと思います。今後もよろしくご指導お願い致します。

助講会のお取り計らいで、4月27日(木曜日)に私の最終講義(退官教授ではありませんが、笑)をさせていただくことになりました。6時から霜仁会館で行います。

お時間がありましたらぜひお越しください。



 免疫塾&シグナル塾 合同懇親会


今年度ももうすぐ終わりです。
免疫塾を始めてから3年、シグナル塾は2年になります。

こんなに長い間続けることが出来たのもひとえに皆様のおかげだと思います。今年度最後ということで、恒例?の懇親会を開催したいと思います。

場所はこれまた恒例の宇部中央「つぼ八」です。

http://www.tsubohachi.co.jp/cgi-bin/tenpo.cgi?tenpo=677

お時間のある方もない方も、是非参加して交流を深めましょう! 

jukunomi



 

 自己開発発表会


3月16日に、わが自己開発生の白崎くん、馬場さんの発表会があります。9:40からですので、お時間のある方は聞きにきてバンバン質問してやってください、笑。




二人の発表の様子です。

 

 

 若手萌芽研究会


このたび山口大学内での研究主体教員に選ばれまして、本学で3月3日に開かれる「若手萌芽研究発表会」で講演をすることになりました。
山口の本学ですが、興味のあるかたはぜひ聞きにいらしてください。

         研究会のポスター



 自己開発勧誘


1月30日に2年生を対象とした来年度の自己開発プログラムの説明会がありました。現自己開発生の白崎くん、馬場さんにムービーで登場してもらう予定でしたが、発表会場のマシンスペック不足のためか、残念ながらパワーポイント上で再生できませんでした。このまま日の目を見ないのも残念だという意見がありましたので(笑)、ここに公開します。

          自己開勧誘ムービー (QuickTime)

ということで、2年生のみなさん、自己開は微生物へ!

 

 

 新年のごあいさつ


2006年も明けました。今年もよろしくお願いします。
遅くなりましたが、免疫塾は1月26日(木曜日)から始めます。シグナル塾は2月2日からです。今年もみなさんのご参加をお待ちしています。


それから、公明新聞(公明党の機関誌、日刊)の生活欄に「入門免疫塾:感染防御機構の秘密」というタイトルで今月から私の連載が始まります。私は公明党員でも創価学会員でもありませんが、縁あって公明新聞に連載をさせて頂くことになりました。一般向けに免疫系の面白さを知ってもらおうという主旨で、毎月最終金曜日に12回連続で掲載される予定です。

 

 

 免疫塾&シグナル塾 合同親睦会



おかげさまで免疫塾、シグナル塾も無事に1学期を終えました。学部 学生をはじめ、たくさんの方々にご参加いただいて盛況のうちに一学期を終えることができました。参加者のみなさんどうもありがとうございました。
恒例の一学期最後の飲み会の様子です。

 

 

 免疫塾 開講




4月21日に今期第1回目の免疫塾を開講しました。
2年ぶりの「基礎編」とあって、30人近い大勢の皆さんが集まってくれました。学部学生も多数参加してくださり、勉学への関心の高さに感心しました。みなさんどうもありがとうございます。今後も「わかる」免疫塾を目指してがんばります。

 

 

 免疫塾 第3期生 大募集中!


今年度の免疫塾は、4月21日(木曜日)から始めます。

一学期の間は日本語の教科書(副読本)である「免疫学集中マスター」(羊土社刊) を使って、基礎からのおさらいをしていきます。毎回、ハンドアウトを作って解説します。

基礎から懇切丁寧に教えますので、免疫学に興味のある人、興味はあるんだけどよくわからんという人、ぜひ一度顔を出してみてください。
シロートさん大歓迎です、笑。

なお、本年度も免疫塾は青木先生の「シグナル塾(講義形式)―と隔週で交互に開催します。

 


 



 来年度の塾に関して


来年度の免疫塾の運営方針ですが、最初の数回はまた教科書に戻って「免疫塾 基礎編」を行うことを選択肢の一つとして考えています。

手前ミソになりますが(笑)、下でも宣伝させていただいた「免疫学集中マスター」を教科書として利用しようかと思います。前回(2年前)と同じ「標準免疫学」をもう一度使うというのも芸がないし。。

この本は免疫学の全範囲をカバーしているわけではありませんが、重要なポイントはしっかり押さえられているし、出版されたばかりなので最近の知見も取り入れられていますので、教材としてはよいのではないかと思います。もちろん他の教材でも構いません。

皆様のご意見をメーリングリスト等でお聞かせください。

ちなみに、シグナル塾は青木塾長の「講義形式」が来年度も継続されるとの公式発表がありました。<多謝!


 

 

 免疫塾&シグナル塾 合同親睦会


今週の免疫塾で2004年度の塾は終了です。
すでに塾を初めてまる2年が経ちました。本年度は青木先生主宰のシグナル塾とのジョイント開催を果たしました。

年度末ということで、恒例の親睦会(飲み会)を開催したいと思います。


24日(木曜日)、塾の後に7時半からつぼ八で行います。みなさん奮ってご参加ください。

飲み会の様子。

 

 

 未承諾広告※


羊土社から「免疫学集中マスター」が出版されました。T細胞分化の章は私が執筆させていただきました。最近の知見も取り入れ、自分としてはよく書けたほうだと思っています。実際、この本は大学院生レベルを対象とした、わかりやすいよく出来た副読本に仕上がっています。おすすめの一冊です! 

     


 

 

 2月24日は休みです。


2月24日の免疫塾は都合により中止させて頂きます。

1回スキップして来週は予定通りシグナル塾です。

よろしくお願いします。

 

 

 あけましておめでとうございます。


皆様、昨年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。
しかし、ついこの前21世紀に突入したと思ったら、もう2005年です(汗)。


今年の塾は1月13日(木曜日)から始まります(免疫塾)。
13日は小田さんが担当する予定です。
シグナル塾は20日からです。


 

 

 ThymUS '04  国際学会


11/5-14の間、プエルトリコで開かれた胸腺分化の国際学会「ThymUS '04」に行ってきました。自分の発表も一応そつなくこなしましたが、T細胞分化の分野の大物たちの最新の話が聞けてとても面白かったです。

特に、Natureにin pressのHDマウスの原因遺伝子(TH-POK)が同定された話などは感動的でした。単一の遺伝子の変異であれだけ完璧にCD4/8リニエージを変換できるという分子機構は凡人の頭脳ではとても考えつきません。。どうなってるんだろう、ホント。


 

 

 免疫塾、シグナル塾&2生化 合同懇親会(飲み会)のおしらせ


来週(7月15日)の免疫塾の後、7時30分より免疫塾&シグナル塾合同懇親会を宇部中央のビヤガーデンにて行います。なぜか2生化とのジョイントプロジェクトです。

場所は 新川駅前の路地を入った乾杯屋のビルの屋上です。

参加者の皆さん同士の親睦を深めるよいチャンスです。
普段はなかなか塾に参加できないという方も是非飲み会にはいらしてください。

暑さをビヤガーデンでぶっ飛ばし、明日への活力を養いましょう、笑。

もちろん飛び入りも大歓迎です。皆様のご参加をお待ちしています。



 

 7月1日の免疫塾は中止です。


今週(7月1日)の免疫塾は私の出張のため中止とさせて頂きます。


7月15日は私が担当します。

 



 

 宇部興産研究奨励金受賞


宇部興産の研究費を頂けることになり、授賞式に行ってきました。栄誉ある奨励金を受けることが出来、大変光栄に思っています。

ちゃんとしたフランス料理のコースも出て、満足でした。受賞講演の前でなければワインもしこたま飲めたのに(笑)。

 



 

 シグナル塾 開講!


先週(4/15)、本年度始めての免疫塾が行われました。初回ということでたくさんの方に集まっていただき、大変ありがとうございました。

さて、今週(4/22)からいよいよ待望の「シグナル塾」が始まります。

なんと一学期の間は青木先生が全て1人でレクチャーしてくださるというボーナス期間です。自分が発表しなくてもタダでプロから教えてもらえます!

多数のご参加をお待ちしています。

 



 

 メーリングリスト


免疫塾、シグナル塾関係の連絡は、今後、メーリングリストを利用して行いたいと思います。

メーリングリストはfamiliarでない方も多いと思いますが、個人が自由に入会、退会でき、加入者の誰もが全員宛のメールを送ることができるものです。
塾の連絡だけでなく、質問や情報交換にも使っていただければ幸いです。

詳細は、

https://ml.cc.yamaguchi-u.ac.jp/mailman/listinfo/immunol-md

を読んでみてください。ここから加入、退会できます。



 

 4月からの塾の予定について


今年度は4月15日(木曜日)から免疫塾を開始します。今年度からは「シグナル塾」と交互に一週間おきに開催します。

今までのメンバー以外にも、たくさんの第2期生の参加をお待ちしています。

シグナル塾(初回は4月22日)の連絡もこのHP上で行います。

 

 

 

 


 

 分子医学研究会


3月26日(金曜日)、5時から山口大学内で分子医学研究会が開かれます。
最初の演者として私が研究発表を行います。

興味のある方はぜひいらしてください。


 

 送別会(飲み会)


来週、3月17日(木曜日)、縄田先生の発表の後、恒例?の飲み会を行います。今年度で修士課程を終了して卒業されるわが微生物の鈴木光子さん、ボスの異動にともない来年度から東北大学へ移る工学部の川内さんの送別会も兼ねて行います。

普段塾へ来れないかたも、飲み会には是非いらしてください。とりあえず飲みましょう(笑)。塾が終わった後、7時30分くらいからたぶんつぼ八です。

参加ご希望の方はメールでおしらせください。

 

 つぼ八にて

 

 

 来年度からの塾について (シグナル塾との共同運営)


昨日の塾でもアナウンスはしましたが、来年度から暫定的に免疫塾を隔週で開催するという案を考えています。というのも、現在塾に参加してくださっている分子脈管病態学講座の青木助教授が「シグナル塾(仮称)」を来年度から主宰してくださるということになり、免疫塾とシグナル塾をこの時間帯で一週おきに交互にやろうという案が浮上しているからです。

免疫学の分野においてシグナル伝達は避けて通れない話題であり、この分野に造詣が深い青木先生に勉強会をやってもらえるのは私達にとって非常に有益なことだと思います。

現在参加してくださっている大部分の塾生の皆さんにとっては、単に話題が一週おきにシグナル寄りになるという感じで(笑)、結局のところ今まで通り塾は毎週あると思ってくださればよいかと思います。

もちろん、シグナル伝達に全く興味がないという方は隔週で参加して下さっても結構ですし、逆に、シグナル伝達だけに興味があるという人達が一週おきにどっと押し寄せてくることになるかもしれません。

2つの勉強会を交互に開催するとになると、混乱を招くことが容易に想像されます。両方の塾に関してのスケジュールの告知は一元的にこのホームページ上で行います。また、今後は毎回メールで開催通知をするようにしたいと思います。毎週メールが届くのはウザいと思いますが(笑)、ご容赦ください。

以上の運営案に関しては、まだ最終決定事項ではありません。私達もどのような形で運営していくのが一番良いのかわからずに試行錯誤を重ねている状態です。みなさまの忌憚のないご意見をメール等でお伝え下されば嬉しいです。

 

 

 

 

 山口医学会


来る2月21日(土曜日)、山口医学会において、我がグループの修士2年の鈴木光子さんが研究成果を発表します。霜仁会館の3階で朝10時30分からです。

興味のある方はぜひ発表を聞きに来てください。

 

 

 

 謹 賀 新 年

 あけましておめでとうございます。

 

昨年中は大変お世話になりました。特に昨年は免疫塾を始めたこともあり、大勢の皆さんにお世話になりました。皆様のご協力をとても感謝しています。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2004年元旦

 

 

 12月18日は忘年会!


12月18日の塾の後は忘年会ですっ。

宇部中央の「八剣伝」(中央2-5-6 :電話35-3719)で8時スタートです。


忘年会シーズン真っ盛りでみなさん胃腸肝臓も弱っているでしょうが(ワタシも4連チャンです、笑)、お時間のあるかたはぜひjoinしてくださいね。明るく飲んで歌いましょう?

飛び入り参加も大歓迎です。

 


飲み会の様子です。 松井夫妻や飛び入りの岡山大院生もjoinしてくれました。

 

 11月20日は休みです。


11月20日はボジョレーヌーボーの解禁日ということで(全然関係ないですけど)、免疫塾はお休みとします。
かわりにアルコール入り葡萄ジュース(笑)の試飲会でもやりますか...

 

来年の発表を担当して下さる先生方へ...

ご希望の日がありましたら☆ 担当予定表 ☆のぺージからエントリーできるようになっています。登録をお願いします。

 

 免疫塾 第2期 開始


10月2日に第2期が無事にスタートしました。
初回は18名の参加があり、快調な滑り出しとなりました。

私の発表したスライドファイルはここにあります。

今のところ、登録参加者数は21名、発表を担当していただける方は16名です。随時参加を受け付けていますので、どうぞお気軽にご参加ください。

☆ 担当予定表 ☆を作りました。発表を担当して下さる方はどの日がいいか御検討ください。来週は小田さんです。教材のPDFファイルは上のリンク中にあります。予習する方はダウンしてください。

総説を選ぶための参考リンク も作りました。日頃のお勉強にも御活用ください。

 



 

 10/2 より免疫塾 再開


今週(9/25)は一回お休みして、10月2日(木曜日)から、気分も新たに第二期「免疫塾アドバンス」に移行したいと思います。

今後は英語の総説を中心に(英語が苦手な人は日本語の総説でも良いです。あるいは原著論文でもコメンタリーでも何でも自分の興味のある事柄についての題材で結構です)、毎回一人づつ発表してもらい、皆でディスカッションしたいと思います。総説についてはこちらであらかじめ選んであるものが多数ありますのでその中から選んでください。もちろん自分で興味のあるものを用意してくださっても結構です。私もできるだけ補足はしますし、発表前にも質問等に応じます。


ひき続きオブザーバーとしての参加も歓迎しますが、第二期においても発表を担当していただける方を募集しています。

初回(10/2)は私が担当します。何も持って来なくて結構です。


 テクニカルラインセミナー


今週の金曜日(9/12)、助講会主催のテクニカルラインセミナーにて、

「レトロウイルスによる遺伝子導入法を利用した造血系細胞の再構築」

というタイトルで私が話をさせて頂くことになっています。霜仁会館の3階ホールで午後6時からです。

技術的な内容を中心に、レトロによる遺伝子導入、siRNAによるノックダウン法、フローサイトメトリー(ソーティング)、造血幹細胞を用いた血球の再構築法などについて、自分の実験結果を交えて解説します。

大学院講義認定で、セミナー後は懇親会もあります。みなさんふるってご参加ください。

 

p.s.
セミナーのスライドファイルはここにあります。

 

 9/4 より免疫塾再開


皆さま夏休みを満喫しましたでしょうか?
さて、2学期の免疫塾は9月4日より再開します。

 9/4  松井先生
 9/11 濱中先生
 9/18 中邑先生

の3回で教科書は一通り終了となります。

その後は第2部 「免疫塾アドバンス  総説編 」 となる予定です。




 7/24は飲み会!!


7/24の稲垣先生の発表で一学期の免疫塾は終了します。2学期は9月から再開したいと思います。詳細はまたご連絡します。

ということで、24日の塾終了後、夜8時から

「祝1学期無事終了 飲み会?(笑)」

を開催したいと思います。今回は準備も面倒くさいので居酒屋へ行きたいと思います。場所は宇部中央の「つぼ八」です。
http://www.tsubohachi.co.jp/cgi-bin/tenpo.cgi?tenpo=677

普段、塾には出られないけど飲み会だけなら、、という方も大歓迎です。

勉強会のはずなのに、飲み会がやけに多いとお感じの方もいるかもしれませんが(笑)、単に私が酒好きなだけです。一緒に楽しく飲んで粘膜免疫の話に花を咲かせましょう(意味不明?)

10時すぎくらいまでは確実に「つぼ八」で飲んでると思いますので、塾関係者以外の乱入も歓迎します!(笑)




 7/17の免疫塾の担当は小田さんに変更します。


濱中先生のご都合が悪いため来週の担当は小田さんに変更し、濱中先生は9月に入ってから担当していただきます。

それから24日の稲垣先生で1学期の免疫塾は終わりです。一学期の最終回ということで、終わった後は都合の良い方は一緒に飲みにでも行きましょう!


 6/19, 26 の免疫塾は中止です。次回は7/3です。


私のアメリカ出張のため、免疫塾は2回スキップします。予定をコロコロ変えてしまって申し訳ありません。

次回は7月3日(木曜日)の6時からです。

発表予定日は基本的に同じです。7月3日は縄田先生のままです。松井先生、小田さんと中邑先生の分を夏休み後へ移動します予定表は書き換えておきましたの確認してください)。


 5/29 の免疫塾は中止です。


前回の話合いで決定したように、5/29の免疫塾は中止します。全ての予定を1週間ずつ繰り下げて行います。

発表予定日が変わりますので発表担当者の方はご注意ください(予定表は書き換えておきましたの確認してください)。

 


 5/22 免疫塾 時間変更


今日(5/22)の免疫塾は 5時 から始めたいと思います。
先週、5時半からとアナウンスしたようにも思いますが、5時半からだと6時半までに終わらせるのはとても難しそうですので、少し早いですが5時から行いたいと思います。

連絡が遅れて大変申し訳ありません。当日ではなく事前に連絡を回しておくべきでした。もう予定を立ててしまった方、すみませんがご容赦ください。

よろしくお願い致します。



 懇親会


免疫塾も順調なスタートを切り、毎回20名以上の参加者でセミナー室がいっぱいとなっている状況です。皆様のご
参加どうもありがとうございます。

さて、毎週顔をつきあわせている割にはまったく話もしたことがないという方たちがほとんどだと思いますので、皆様との親睦をはかるため懇親会を企画しました。5月1日(木曜日)、勉強会の後にビールと軽いつまみ等で簡単な飲み会を開きたいと思います。

免疫学のこと、それ以外のコトも含めて楽しくおしゃべりして親睦を深められたらうれしいです。多数のご参加をお待ちしています。






 免疫塾


4月10日に第一回の免疫塾を開催しました。23人もの方々に集まっていただき順調なスタートを切ることができました。一学期の間はまずは日本語の教科書を輪読することになりました。

免疫塾関係の記事はEducationのセクションに移動しましたので、詳細はそちらをご覧ください。





 免疫塾 4月10日 開講 !


ポスター掲示後、何人かの方からお問い合わせがありました。勉強会に関心を持っていただいてありがとうございます。募集予定人数にはまだまだ余裕がありますので、私達と一緒に免疫学を勉強したいという方はメールかお電話
ください。
4月の第1週は私が学会出張のため不在ですので、4月10日(木曜日)の午後6時より第1回目の勉強会を始めます。最初は自己紹介とこれからの進め方などについて話し合いたいと思います。こちらから総説をいくつか用意しておきますので、とりあえずは何も持たずに本館3Fのセミナー室までお越しください。
飛び入り参加も歓迎します。



 来年度(4月)から免疫塾(勉強会)を開催します!


最新の総説(英語)を毎回担当を決めて読み、免疫学を基礎から正しく理解する目的で行う勉強会です。

原著論文ではなく、総説や教科書を読んで解説します。したがってJournal Clubのようなものではなく、教科書の輪読会や講議に近いものだと考えてください。

毎週木曜午後6時から1時間程度、医学部本館3階の微生物セミナー室にて行います。現在のところ微生物と第3内科の大学院生が主ですが、学部学生、臨床医、教官など身分を問わず最新の免疫学を勉強したいという意欲ある方なら誰でも参加を歓迎します。

興味のある方は鈴木までメール下さるか、いきなりセミナー室までのぞきに来てください。不定期参加、オブザーバー、ひやかし(笑)等も歓迎します。
 

 

 

 

 山口大学ニューフロンティア奨励金受賞(3/14/03)

昨年にひき続き、学内の奨励金を頂けることになりました。額は少ないですが(笑)、連続受賞は特例ということで非常に名誉なことだと感激しています。選考委員の皆様どうもありがとうございました。ご期待に添えるよう今後も一層の努力で頑張ります。
 

 

 

 Nature Immunologyに論文が通りました!(1/4/03)

紆余曲折の末、revesionを重ねて内容を充実させた結果、インパクトの高い論文に仕上がりました。最終的にいいところに行ってくれたのでとても嬉しいです。