国立国際医療研究センター 免疫病理部 OB・OG

卒業、修了、転出した人々



酒井幸平 Kouhei Sakai  
2

山口大学医学部助手。
山口大学医学部卒。北九州出身。

医学部卒業後すぐに基礎系大学院へと進んだ期待の星(変わり者?)。非常に頑張り屋で、朝方まで実験していることも多い。鈴木組のフラッグシップとして活躍してくれました。格闘技オタク。剣道2段。

 

北原誠司 Seiji Kitahara  
1

山口大学医学部大学院 博士課程3年。
山口大学 医学部卒。宇部出身。

泌尿器科に所属する大学院生。免疫塾に参加してから免疫学への興味を深め、鈴木組で研究を始めた臨床医。忙しいdutyの合間を縫って、持ち前の体力とガッツで世界征服をたくらんでいる(笑)。今後の活躍を期待しています。




白崎友彬 Tomoaki Shirasaki  

山口大学医学部4年。埼玉出身。

自己開発プログラムでラボに来た学部生。将来は自己免疫の研究をやりたいという確固たるビジョンを持っている。いま流行りのChIPアッセイ(クロマチン免疫沈降実験)をやってます。
この夏は日焼けして男らしさをアピールしている心優しい「サキ」君です!




馬場ゆかり Yukari Baba  

山口大学医学部4年。大阪出身。

自己開発プログラムでラボに来た学部生。メチャ明るい元気いっぱい娘!表面的なキャラとは違って実は結構まじめで頑張り屋。いまは細胞の培養実験を主にやっています。手もきれいで実験もキチンとこなす期待の星!
趣味はお料理という「おしとやかな」一面も、笑。

 

鈴木光子
Mitsuko Suzuki  

小野田労災病院薬剤部勤務
山口大学大学院 修士課程修了。長崎大学 薬学部卒。宇部出身。

最近は実験にも慣れてきて、研究、勉強共に頑張っています!
アニメ&コスメ通。忘年会ではカラオケクイーンの異名を取る(笑)。鈴木組のムードメーカー!




水本久美子
Kumiko Mizumoto  

山口大学医学部研修医。
山口大学医学部卒業。北九州出身。

自己開発プログラムでラボに来た学部生。明朗快活で元気いっぱい。見た目のキャラとは違い、意外に?真面目で頑張り屋です。クミラーゼ(新規遺伝子)単離を目指して頑張ってます。




北沢千里 Chisato Kitazawa  

山口大学教育学部講師。
山口大学医学部ポスドク。富山大学理学部卒、 東京大学理学部博士課程修了。滋賀出身。

ウニの発生研究の分野から突如として免疫学の世界へ飛び込んで来た期待のポスドク。アメリカに3年ほど留学した経験もあり、最年長?として皆をまとめるやさしいお姉サマ。




Ahmed Rush'd Ahmed Rush'd  

バングラディシュ政府機関勤務。 山口大学短期留学生。
ダッカ東西医科大学助手。東京農工大理学部博士課程修了。
バングラデシュ出身。

山口VBL留学生基金で来日している留学生。バングラデシュでは大学の微生物学教室で助手をしている生化学者。日本で学位を取ったので日本語が少し喋れます。4ヶ月という短い間ですがよろしくお願いします。




藤本和之 Kazuyuki Fujumoto  

山口大学 医学部4年。 宇部出身。

自己開発プログラムでラボに来ている学部生。最近では実験にも慣れてきて、留学生に英語で実験プロトコルを教えるくらいに頼もしく成長しました。
ソフトテニス部のキャプテンもつとめる意外に?真面目な若者です。




永尾祐治  
1

山口大学医学部 学部3年。
国立国際医療センター 研究生。北九州出身。

1年次の医学入門を担当した縁で、3年次の自己開発プログラムの際に東京の医療センターを行き先に選んでくれた、とても真面目な山口大学の医学生。バンドではドラムを叩き、100mを11秒3で走り抜けるスプリンターでもある。20歳そこそこの若者パワーに期待してます!




牧野美江子  
2

国立国際医療センター 技術員
昭和医療技術専門学校卒。東京出身。

研究補助員として豊富なキャリアを持つ優秀なテクニシャン。ラボの屋台骨を支えてくれる大事な存在です。負けず嫌いなところは研究に向いています。明朗快活で積極的な性格を存分に発揮して、これからもバリバリ頑張ってください!




谷川令奈  
tani

国立国際医療センター 協力研究員(ポスドク)。
九州歯科大学卒。産業医科大学博士課程修了(第一内科)。神戸出身。

免疫サマースクールに参加してから免疫学に興味を持ち、研究の世界に突入してきた歯科医。競技ボーリング部の主将をつとめ(パーフェクトゲームの経験あり!)、替え歌作りが趣味?という多才な帰国子女であり、期待の星。




佐藤義則  
sato

国立国際医療センター 流動研究員(ポスドク)。
北里大学理学部卒。北里大学大学院医学系研究科博士課程修了。東京出身。
現熊本大学医学部ポスドク。

今年12月から私達のグループにポスドクとしてジョインしてくれた東京人。微生物学で学位を取ったが免疫学に興味を持ってうちに来てくれました。今後の活躍に期待しています。クルマが趣味。




竹下芽衣子
Meiko Takeshita
 

国立国際医療センター 協力研究員。
派遣テクニシャン。

マウスの解剖やスクリーニングを担当してくれるテクニシャン。実験経験が豊富で手もきれいです。清楚系の見た目によらず、インド、中国にハマっているバックパッカーという意外な一面も。




多門裕貴  
1

山口大学 医学部3年。
国立国際医療センター 研究生。
東京出身。

山口大学から自己開発プログラムで5ヶ月間、ウチのラボに研究をしに来てくれた大学生。若いのに真面目でやる気ある学生さんです。短期間とはいえ、すばらしい成果をあげてくれることを期待しています。



土橋祥子
Sachiko Dobashi
 
1

国立国際医療センター 協力研究員。
派遣研究員。

派遣で来てもらってますが、東大医科研の中村祐輔先生の研究室で博士号を取った優秀な研究者です。しっかり者で、実験手技もきれいで、すでにラボのまとめ役として活躍してくれています。今後の躍進に期待しています。



橋爪彩子
Ayako Hashizume
 
1

国立国際医療センター 協力研究員。
派遣テクニシャン。

元気いっぱいのテクニシャン。生化学実験の経験もあり、即戦力としてめいっぱい活躍してくれています。今後の成長が楽しみです。



中島幸恵
Yukie Nakashima
 
1

国立国際医療研究センター 研究補助員。
テクニシャン。

 



藤野盟子
Meiko Fujino
 
2

国立国際医療研究センター 協力研究員。
臨床検査技師。派遣テクニシャン。

ラボを支えてくれている元気印のテクニシャン。初心者からスタートしたとは思えないスピードでマウスのスクリーニングやプラスミドの構築等をやってくれています。実験だけでなくカラオケもかなりの腕前。



吉本拓矢  
3

国立国際医療研究センター 研究生。
山口大学医学部3年。

山口大学から自己開発プログラムで4ヶ月間、研究をしに来てくれた医学生。真面目でやる気ある学生さんです。



小川千絵 

Chie Ogawa

 
1

国立国際医療研究センター 技術員。
東京農業大学卒業。

医科研、慶応、がんセンターなどを渡り歩いてきたオールマイティで経験豊富なテクニシャン。



杉田 悠 

Yu Sugita

 
2

山口大学医学部3年。
国立国際医療センター 研究生。
東京出身。

山口大学から自己開発プログラムで4ヶ月間、研究をしに来てくれた医学部生。RhoHマウスの組織染色を主にやっています。



益田 昌吾 

Shogo Masuda

 
1

山口大学医学部3年。
国立国際医療センター 研究生。

山口大学から自己開発プログラムで4ヶ月間、研究をしに来てくれた医学部生。ESETマウスのシグナル伝達解析を主にやっています。



佐藤志保 

Shiho Sato

 
4

国立国際医療研究センター 技術員。
昭和女子大学卒業。

元気はつらつのテクニシャン。主に遺伝子改変マウスの遺伝子型の特定をやってもらっています。



千田 大 Dai Chida  
3

国立国際医療研究センター 室長。
東京大学 理学部卒。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。

分生研の宮島研究室にて学位を取得した後、筑波大学助手、東大医科研の岩倉研究室助手を経て、2007年4月より組織形態室長に就任しました。



マイケル・パトリック  

国立国際医療研究センター 上級研究員。
チャールストン大学理学部卒。山口大学大学院医学系研究科 博士課程修了。 アメリカ・WV州出身。

日本で学位を取りたいということで、06年4月から山口大学の大学院に入学した生粋のアメリカ人。NIHで3年間研究したキャリアを持つ。東京のラボについて来てくれました。納豆、カラオケが大好きな日本好きのガイジン。



出田 雅 

Hitoshi Ideta

 
1

東京医科歯科大学大学院修士課程1年。
国立国際医療研究センター 研究生。 北里大学理学部卒業。

医科歯科大から外研で当研究室に来てくれている修士課程の大学院生。主にISC6遺伝子の解析を行っています。



高島 明子 

Akiko Takashima

 

東京医科歯科大学大学院修士課程1年。
国立国際医療研究センター 研究生。 千葉大学理学部卒業。

医科歯科大から外研で当研究室に来てくれている修士課程の大学院生。主にGaspの細胞内動態、イメージング解析に取り組んでいます。



細川 洋平 

Youhei Hosokawa

 

山口大学医学部3年。
国立国際医療研究センター 研究生。

山口大の自己開発プログラムで来てくれた若き医者の卵。イケメン、笑。
がんばってください!



加地健太郎  

国立国際医療研究センター 協力研究員。
岡山理科大学理学部卒業。東京都立大学理学部博士課程修了。

テクニシャンとして派遣で来てもらっていますが、博士号を持っていて、大学院時代は昆虫の研究をしていました。



吉田 雅司 

Masashi Yoshida

 

国立国際医療研究センター 技術補佐員。

PCRジェノタイピングを主に行ってもらっている派遣テクニシャン。修士号を持っていながら、珍しい職歴を持つ宴会部長。

 

新田 剛 Takeshi Nitta  
1

国立国際医療研究センター 細胞免疫研究室 室長。
山口大学 農学部卒。東京医科歯科大学大学院医学系研究科博士課程修了。2011年5月に細胞免疫室長として着任しました。胸腺におけるT細胞レパトア選択のメカニズム解明をめざし、胸腺細胞のTCRシグナル伝達と胸腺微少環境の両面から研究を進めています。
2014年東大医学部高柳研に助教授として異動。

 

新田幸子 

Sachiko Nitta

 

国立国際医療研究センター 技術補佐員。

ラボと新田室長を支えてくれるテクニシャン。



瀧北 彰一  

国立国際医療研究センター 客員研究員。
滋賀医科大学医学部卒。滋賀医科大学大学院博士課程修了。
臨床医として勤務した後、学位を取得し、UCNC, NIHの2つの研究室でポスドクとしてオートファジーの研究に従事。2010年9月より研究員としてジョイン。研究室内で唯一のMD。 2015年4月より臨床に戻る。



岡田 季之  
1

国立国際医療研究センター 研究員。
福岡大学工学部卒。山口大学大学院医学系研究科博士課程修了。

山口大学よりポスドクとしてジョインしてくれた若手研究者。大学院生時代に新規の腫瘍マーカーを見つけた業績を持つ、期待の新人。2015年、久留米大学医学部に就職。



大谷 見晴 

Miharu Otani

 

国立国際医療研究センター 技術補佐員。
和洋女子大学 学部4年。

ラボを支えてくれるテクニシャン。



室 龍之介 

Ryunosuke Muro

 

東京医科歯科大学大学院博士課程3年。
国立国際医療研究センター 研究生。
山口大学大学院修士課程修了。山口大から博士課程に来てくれた期待の大型新人。新田室長の指導の下、Rasal3遺伝子および自然突然変異マウスの解析を行っています。
2015年4月、東大医学部のポスドクとして異動。



塩澤 久美子

Kumiko Shiozawa

 

国立国際医療研究センター 技術補佐員。
名古屋工大工学部卒。横浜市大大学院総合理学部 博士課程修了。

学位、留学経験を持つスーパーテクニシャン。



平山三友紀

Miyuki Hirayama

 

国立国際医療研究センター 技術補佐員。
和洋女子大学 学部4年。

ラボを支えてくれるテクニシャン。



山田サユリ エレーナ

Sayuri Yamada

 

国立国際医療研究センター 技術補佐員。
ブラジルの医師免許を持ち、日本で博士号を取得。

ラボを支えてくれるテクニシャン。



小田 浩代 Hiroyo Oda  
1

日本学術振興会 特別研究員(ポスドク)。
広島大学 理学部卒。山口大学大学院医学系研究科博士課程修了。下関出身。
当研究室で博士号を取得し、アメリカに2年間留学後、ポスドクとして戻ってきました。頼りにしてます!
2016年4月より特許庁へ就職。



中村涼乃

Suzuno Nakamura

 

国立国際医療研究センター 研究生。
2014年10月、東京バイオ専門学校より外研生としてジョイン。
2017年4月より東京医科大学大学院へ進学。