研 究 業 績
Research Achievements
鈴木春巳
 山口大学 微生物 すずきはるみ 晴巳 春美 晴美 Harumi Suzuki

 原著論文 Original Articles 

Muro R, Nitta T, Nkano K, Okamura T, Takayanagi H, Suzuki H.
gdTCR recruits the Syk-PI3K axis to drive proinflammatory differentiation program.
J. Clin. Invest.
,
in press, 2017.

Nitta T, Kochi Y, Muro R, Tomofuji Y, Okamura T, Murata S, Suzuki H, Sumida T, Yamamoto K, Takayanagi H.
Human thymoproteasome variations influence CD8 T cell selection.
Science Immunol.
,
in press, 2017.

Tamehiro N, Nishida K, Yanobu-Takanashi R, Goto M, Okamura T, Suzuki H.
T cell activation RhoGTPase-activating protein (TAGAP) plays an important role in TH17 cell differentiation.
Immunol. Cell Biol.
,
doi:10.1038/icb2017.27, 2017.


Takikita S, Muro R, Takai T, Otsubo T, Kawamura YI, Dohi T, Oda H, Kitajima M, Oshima K, Hattori M, Endo TA, Toyoda T, Weis J, Shinkai Y, Suzuki H.
A Histone Methyltransferase ESET Is Critical for T Cell Development.
J. Immunol.
,
197: 2269-79, 2016.


Rhaman MA, Shirai M, Aziz MA, Ushirokita R, Kubota S, Suzuki H, Azuma Y.
An epistatic effect of apaf-1 and caspase-9 on chlamydial infection.
Apoptosis
,
20: 1271, 2015.


Tamehiro N, Oda H, Shirai M, Suzuki H.
Overexpression of RhoH permits to bypass the pre-TCR checkpoint.
PLoS One,
10: e0131047, 2015.


Nitta T, Muro R, Shimizu Y, Nitta S, Oda H, Ohte Y,T Goto M, Yanobu R, Narita T, Takayanagi H, Yasuda H, Okamura T, Murata S, Suzuki H.
The thymic cortical epithelium determines the TCR repertoire of IL-17-producing γδT cells.
EMBO Rep.,
16: 638-53, 2015.


Muro R, Nitta T, Okada T, Ideta H, Tsubata T, Suzuki H.
The Ras GTPase-activating protein Rasal3 supports survival of naive T cells.
PLoS One, 10: e0119898
, 2015.


Okada T, Nitta T, Kaji K, Takashima A, Oda H, Tamehiro N, Goto M, Okamura T, Patrick MS, Suzuki H.
Differential function of Themis CABIT domains during T cell development.
PLoS One, 9: e89115
, 2014.


Ogawa M, Okamura T, Ishikura S, Doi K, Matsuzaki H, Tanaka Y, Ota T, Hayakawa K, Suzuki H, Tsunoda T, Sasazuki T, Shirasawa S.
Zfat-deficiency results in a loss of CD3ζ phosphorylation with dysregulation of ERK and Egr activities leading to impaired positive selection.
PLoS One, 8: e76254
, 2013.


Oda H, Tamehiro N, Patrick MS, Hayamakwa K, Suzuki H.
Differential requirement for RhoH in development of TCRab CD8aa IELs and other types of T cells.
Immunol. Lett . (2013) 151: 1-9


Matsutani M, Ogawa M, Takaoka N, Hanaoka N, Toh H, Yamashita A, Oshima K, Hirakawa H, Kuhara S, Suzuki H, Hattori M, Kishimoto T, Ando S, Azuma Y, Shirai M.
Complete Genomic DNA Sequence of the East Asian Spotted Fever Disease Agent Rickettsia japonica.
PLoS One (2013) 8: e71861


Eshima K, Chiba S, Suzuki H, Kokubo K, Kobayashi H, Iizuka M, Iwabuchi K, Shinohara N.

Ectopic expression of a T-box transcription factor, eomesodermin, renders CD4(+) Th cells cytotoxic by activating both perforin- and FasL-pathways.
Immunol. Lett . (2012) 144: 7-15.
CI=3


Chang-Hao Cui, Shunichiro Miyoshi, Hiroko Tsuji, Hatsune Makino, Seiichi Kanzaki, Daisuke Kami, Masanori Terai, Harumi Suzuki and Akihiro Umezawa
Dystrophin conferral using human endothelium expressing HLA-E in the non-immunosuppressive murine model of Duchenne muscular dystrophy
Hum. Mol. Genet. (2011) 20: 235-244
 21 CI=3


Yoshinori Sato, Harumi Suzuki, Tsuyoshi Sato, Toshihiro Suda, Tetsuya Yoda, Yoichiro Iwakura and Dai Chida
The role of endogenous glucocorticoid in lymphocyte development in MC2R-/-
mice
Biochem. Biophys. Res. Commun. (2010) 403: 253-257
21
CI=1


Michael S. Patrick, Hiroyo Oda, Kunihiro Hayakawa, Yoshinori Sato, Koji Eshima, Teruo Kirikae, Shun-ichiro Iemjura, Mutsunori Shirai, Takaya Abe, Tohru Natsume, Takehiko Sasazuki and Harumi Suzuki
Gasp, a Grb2 associating protein, is critical for positive selection of thymocytes
Proc. Natl. Acad. Sci. USA (2009) 106: 16345-16350 2
1 CI=19 


Yoshinori Sato, Hiroyo Oda, Michael S. Patrick, Yukari Baba, Ahmed A. Rus'd, Yoshinao Azuma, Takaya Abe, Mutsunori Shirai and Harumi Suzuki
Rac GTPases are involved in development, survivalannd homeostatic proliferation of T cells
Immunol. Let. (2009) 124:27-34
 21 CI=2 CI=0


Hiroyo Oda, Manabu Fujimoto, Michael S. Patrick, Dai Chida, Yoshinori Sato, Hiroki Aoki, Yoshinao Azuma, Takaya Abe, Harumi Suzuki* and Mutsunori Shirai
*[Corresponding auhtor]

RhoH plays critical roles in FceRI-dependent signal transduction of mast cells
J. Immunol. (2009) 182: 957-962
21 CI=10


Dai Chida, Tsuyoshi Sato, Yoshinori Sato, Mitsumasa Kubo, Tetsuya Yoda, Harumi Suzuki and Yoichiro Iwakura
Characterization of mice deficient in Melanocortin 2 receptor on a B6/Balbc mix background
Mol. Cell. Endocrinol. (2009)
300: 32-3621 CI=8


Dai Chida, Shinichi Nakagawa, So Nagai, Hiroshi Sagara, Harumi Katsumata, Toshihiro Imaki, Harumi Suzuki, Fumiko Mitani, Tadashi Ogishima, Chikara Shimizu, Hayato Kotaki, Shigeru Kakuta, Katsuko Sudoa, Takao Koike, Mitsumasa Kubo and Yoichiro Iwakura
Melanocortin receptor 2 is required for adrenal gland development, steroidogenesis and neonatal gluconeogenesis
Proc. Natl. Acad. Sci. USA (2007) 104: 18205-18210 CI=41


Fumiko Shiroki, Satoshi Matsuda, Tomomitsu Doi, Mari Fujiwara, Yoshito Mochizuki, Takashi Kadowaki, Harumi Suzuki and Shigeo Koyasu
The p85a regulatory subunit of classIA phosphoinositide 3-kinase regulates b-selection in thymocyte development
J. Immunol. (2007)
178: 1349-1356 CI=16


Hiroyo Oda, Harumi Suzuki*, Kouhei Sakai, Seiji Kitahara, Michael S. Patrick, Yoshinao Azuma, Kazuro Sugi, Toshio Kitamura, Jonathan Kaye and Mutsunori Shirai
*[Corresponding auhtor]

Rac1 mediated Bcl-2 induction is critical in antigen-induced CD4 single positive differentiation of a CD4+CD8+ immature thymocyte line
J. Leuko. Biol. (2007) 81: 500-508
CI=6


Masayuki Murata, Yoshinao Azuma, Koshiro Miura, Mohd. Akhlakur Rahman, Minenosuke Matsutani, Masahiro Aoyama, Harumi Suzuki, Kazuro Sugi and Mutsunori Shirai
Chlamydial SET domain protein functions as a histone methyltransferase
Microbiology (2007)
153: 585-592 CI=17


Kouhei Sakai, Harumi Suzuki*, Hiroyo Oda, Takaaki Akaike, Yoshinao Azuma, Tomoyuki Murakami, Kazuro Sugi, Takehito Ito, Hiroshi Ichinose, Shigeo Koyasu and Mutsunori Shirai
*[Corresponding auhtor]

Phosphoinositide 3-Kinase in nitric oxides synthesis in macrophage: critical dimerization of inducible nitric oxide synthase
J. Biol. Chem. (2006) 281: 17736-17742
pubmed pdf IF=6.70, CI=21


Koji Eshima, Harumi Suzuki, Nobukata Shinohara
Cross-positive selection of thymocytes expressing a single T cell receptor by multiple major histocompatibility complex molecules of both classes: Implications for CD4+ vs. CD8+ lineage commitment
J. Immunol.
(2006) 176: 1628-1636  IF=7.01, CI=7

Yoshinao Azuma, Hideki Hirakawa, Atsushi Yamashita, Yan Cai, Mohd Akhlakur Rahman, Harumi Suzuki, Shigeki Mitaku, Hidehiro Toh, Susumu Goto,Tomoyuki Murakami, Kazuro Sugi, Hideo Hayashi, Hideto Fukushi, Masahira Hattori, Satoru Kuhara, Mutsunori Shirai
Genome sequence of the cat pathogen, Chlamydophila felis
DNA Research
(2006) 13: 15-23 2 1 IF=5.59, CI=272

Mohd. Akhlakur Rahman, Yoshinao Azuma, Hajime Fukunaga, Tomoyuki Murakami, Kazurou Sugi, Hideto Fukushi, Koshiro Miura, Harumi Suzuki, Mutsunori Shirai
Serotonin and melatonin, neurohormones for homeostasis, as novel inhibitors of infections by the intracellular parasite Chlamydia
J. Antimicrob. Chemoth.
(2005) 56: 861-868  IF=3.61, CI=10 : C

Sachiye Inouye, Hanae Izu, Eiichi Takaki, Harumi Suzuki, Mutsunori Shirai, Yoshifumi Yokota, Hitoshi Ichikawa, Mitsuaki Fujimoto, Akira Nakai
Impaired IgG production in mice deficient for heat shock transcription factor 1
J. Biol. Chem.
(2004) 279: 38701-38709.  IF=6.70 CI=48

Naohide Watanabe, Hideaki Nakajima, Hidenori Suzuki, Atsushi Oda, Yumiko Matsubara, Masaaki Moroi, Takashi Kadowaki, Harumi Suzuki, Shigeo Koyasu, Yasuo Ikeda, Makoto Handa
Functional phenotype of phosphoinositide 3-kinase p85a null platelets characterized by an impaired response to GP VI stimulation
Blood
(2003) 102: 541-548.  IF=10.12 : CI=482

Harumi Suzuki, Satoshi Matsuda, Yasuo Terauchi, Mari Fujiwara, Toshiaki Ohteki, Tomoichiro Asano, Timothy W. Behrens, Taku Kouro, Kiyoshi Takatsu, Takashi Kadowaki, Shigeo Koyasu
PI3K and Btk differentially regulate B cell antigen receptor-mediated signal transduction
Nature Immunol. (2003) 4: 280-286.  IF=28.2 : CI=85

Kozo Yasui, Yukio Sekiguchi, Motoki Ichikawa, Haruo Nagumo, Takashi Yamazaki, Atsushi Komiyama, Harumi Suzuki
Granulocyte-macrophage colony stimulating factor delays neutrophil apoptosis and primes its function through Ia-type phosphoinositide 3-kinase.
J. Leuko. Biol. (2002) 72: 1020-1026.  IF=4.34: CI=27

Kazunaga Agematsu, Takeshi Futatani, Sho Hokibara, N Kobayashi, Masaya Takamoto, Satoshi Tsukada, Harumi Suzuki, Shigeo Koyasu, Toshio Miyawaki, Kazuo Sugane, Atsushi Komiyama, Hans D Ochs
Absence of memory B cells in patients with common variable immunodeficiency.
Clin. Immunol. (2002) 103: 34-42.  IF=3.03 : CI=79

Kazuyuki Tsunoda , Takayuki Ota, Harumi Suzuki, Manabu Ohyama, Tetsuo Nagai, Takeji Nishikawa, Masayuki Amagai, Shigeo Koyasu
Pathogenic autoantibody production requires loss of tolerance against desmoglein 3 in both T and B cells in experimental pemphigus vulgaris.
Eur. J. Immunol. (2002) 32: 627-33.  IF=5.24 : CI=44 

Kouji Eshima, Harumi Suzuki, Nobukata Shinohara
Lack of evidence for aggregation-dependent enhancement of p56lck in the signal transduction upon major histocompatibility complex recognition by mature T cells.
Immunology. (2002) 106: 46-52.  IF=2.96 CI=1

Sofija Andjelic, C Hsia, Harumi Suzuki, Takashi Kadowaki, Shigeo Koyasu, Hsiou-Chi Liou
Phosphatidylinositol 3-kinase and NF-kB/Rel are at the divergence of CD40-mediated proliferation and survival pathways.
J. Immunol. (2000) 165. 3860-3867.  IF=7.01 : CI=61

Masayuki Amagai, Kazuyuki Tsunoda, Harumi Suzuki, Koji Nishifuji, Shigeo Koyasu, Takeji Nishikawa
Use of antigen knockout mice to develop an active autoimmune disease model for Pemphigus.
J. Clin. Invest. (2000) 105. 625-631.  IF=14.2 : CI=135

Charlotte M. Proby, Takayuki Ohta, Harumi Suzuki, Shigeo Koyasu, Shinobu Gamou, Nobuyoshi Shimizu, James K. Wahl, Margaret J. Wheelock, Takeji Nishikawa, and Masayuki Amagai
Development of chimeric molecules for recognition and targeting of antigen-specific B Cells in Pemphigus Vulgaris.
Br. J. Dermatol. (2000) 142. 321-330.  IF=2.44 : CI=27

Yasuo Terauchi, Youki Tsuji, Shinobu Satoh, Hideaki Minoura, Koji Murakami, Akira Okuno, Kouichi Inukai, Tomoichiro Asano, Yasushi Kaburagi, Kohjiro Ueki, Hiromu Nakajima, Toshiaki Hanafusa, Yuji Matsuzawa, Hisahiko Sekihara, Yuxin Yin, J. Carl Barrett, Hideaki Oda, Takatoshi Ishikawa, Yasuo Akanuma, Issei Komuro, Misao Suzuki, Ken-ichi Yamamura, Tatsuhiko Kodama, Harumi Suzuki, Shigeo Koyasu, Shinichi Aizawa, Kazuyuki Tobe, Yasuhisa Fukui, Yoshio Yazaki and Takashi Kadowaki
Increased insulin sensitivity and hypoglycaemia in mice lacking the p85a subunit of phosphoinositide 3-kinase
Nature Genetics (1999) 21. 230-235.  IF=30.9 : CI=271

Harumi Suzuki, Yasuo Terauchi, Mari Fujiwara, Shinichi Aizawa, Yoshio Yazaki, Takashi Kadowaki and Shigeo Koyasu
Xid-like immunodeficiency in mice with disruption of the p85a subunit of phosphoinositide 3- kinase
Science (1999) 283. 390-392.  IF=31.8 : CI=354

Harumi Suzuki, Terry I. Guinter, Shigeo Koyasu and Alfred Singer
Positive selection of CD4+ T cells by TCR-specific antibodies requires low valency TCR crosslinking: Implications for repertoire selection in the thymus.
Eur. J. Immunol. (1998) 28. 3252-3268.  IF=5.24 : CI=12

Harumi Suzuki, Yoichi Shinkai, Lawrence G. Granger, Frederik W. Alt, Paul E. Love and Alfred Singer
Commitment of immature CD4+8+ thymocytes to the CD4 lineage requires CD3 signaling but does not require expression of clonotypic T cell receptor (TCR) chains.
J. Exp Med. (1997) 186. 17-23.  IF=15.8 : CI=13

Koji Eshima, Makoto Tachibana, Harumi Suzuki, Sunao Yamazaki and Nobukata Shinohara
Coreceptor-independent signal transduction in a mismatched CD8+ class II MHC specific allogenic CTL
Eur. J. Immunol. (1997) 27. 55-61.  IF=5.24 : CI=5

Jennifer A. Punt, Harumi Suzuki, Larry G. Granger, Susan O. Sharrow and Alfred Singer
Lineage commitment in the thymus: Only the most differentiated (TCRhi bcl-2hi) subset of CD4+CD8+ thymocytes has selectively terminated CD4 or CD8 synthesis
J. Exp. Med. (1996) 184. 2091-2099.  IF=15.8 : CI=46

Kouji Eshima, Harumi Suzuki, Sunao Yamazaki and Nobukata Shinohara
Derivation of T-cell receptor a-chain double expresser lines from normal murine mature T cells
Immunology (1996) 87, 205-212.  IF=2.29 : CI=1

Harumi Suzuki, Jennifer A. Punt, Lawrence G. Granger, and Alfred Singer
Asymmetric signaling requirements for thymocyte commitment to the CD4+ versus CD8+ T cell lineage: a new perspective on lineage commitment and positive selection
Immunity (1995) 2, 413-425.  IF=21.1 : CI=183

Harumi Suzuki, Koji Eshima, Yohtaroh Takagaki, Satoko Hanaoka, Motoya, Katsuki, Minesuke Yokoyama, Takanori Hasegawa, Sunao Yamazaki and Nobukata Shinohara
The origin of a T cell clone with a mismatched combination of MHC restriction and coreceptor expression
J. Immunol. (1994) 153, 4496-4507.  IF=7.01 : CI=18

Yousuke Takahama*, Harum Suzuki*, Kenneth S. Katz, Michael J. Grusby and Alfred Singer
*[Both authors contributed equally to this work]

Positive selection of CD4+ T cells by TCR ligation without aggregation even in the absence of MHC
Nature (1994) 371, 67-70.  IF=32.1 : CI=69

Yousuke Takahama, John J. Letterio, Harumi Suzuki, Andrew G. Farr and Alfred Singer
Early progression of thymocytes along the CD4/CD8 developmental pathway is regulated by a subset of thymic epitherial cells expressing TGF-beta
J. Exp. Med. (1994) 179, 1495-1506.  IF=15.8 : CI=71

Seung Young Park, Masaharu Kojima, Harumi Suzuki and Nobukata Shinohara
Effective blocking of natural cytotoxicity of young rabbit serum on murine thymocytes by high concentration of glucose in complement-dependent cytotoxicity method
J. Immonol. Methods (1992) 154, 109-119.  IF=2.6 : CI=8

Harumi Suzuki, Kenji Iiyama, Akira Okubo, Sunao Yamazaki and Shozo Toda
Structural characterization of the immunoactive and antiviral water-solubilized lignin in an extract of the culture medium of Lentinus edodes mycelia (LEM)
Agric. Biol. Chem. (1990) 54, 479-487.  IF=1.04 : CI=63

Etsuro Yoshimura, Harumi Suzuki, Sunao Yamazaki and Shozo Toda
Interference by mineral acids in Inductivity Coupled Plasma Atomic Emission Spectroscopy
Analyst (1990) 115, 167-171. IF=1.82 : CI=56

Harumi Suzuki, Tadafumi S Tochikura, Kenji Iiyama, Sunao Yamazaki, Naoki Yamamoto and Shozo Toda
Lignosulfonate, a water-solubilized lignin from the waste liquor of the pulping process, inhibits the infectivity and cytopathic effects of Human Immunodeficiency Virus in vitro
Agric. Biol. Chem. (1989) 53, 3369-3372.  IF=1.04 : CI=21

Harumi Suzuki, Akira Okubo, Sunao Yamazaki, Kenzo Suzuki, Hiroaki Mitsuya and Shozo Toda
Inhibition of the infectivity and cytopathic effect of human immunodeficiency virus by water-soluble lignin in an extract of the culture medium of Lentinus edodes mycelia (LEM)
Biochem. Biophys. Res. Commun. (1989) 160, 367-373.   IF=3.06 : CI=49

Harumi Suzuki, Kenji Iiyama, Akira Okubo, Sunao Yamazaki and Shozo Toda
Lingosulfonate from waste liquor of pulping process activates murine macrophages and causes proliferation of bone marrow cells

Agirc. Biol. Chem. (1989) 53, 1197-1199.  IF=1.04 : CI=12


総論文数:43
総IF数:365.057
被引用総数(自己除):2203
平均引用数:52.4
h-hindex:21

 

 著書 Books 


鈴木春巳
Tリンパ球分化における運命決定 -シングルポジティブへの道-
「Annual Review 免疫 2006」奥村康、平野俊夫編 中外医学社 p1-11 (2006) 鈴木春巳

T細胞の分化
「免疫学集中マスター」 pdf小安重夫編 羊土社 p55-66 (2005)

鈴木春巳
T細胞分化のしくみ
「免疫学がわかる」小安重夫編 羊土社 p18-27 (2000)

鈴木春巳
PI3キナーゼ
「新用語ライブラリー免疫 第2版」 斉藤隆、竹森利忠編
羊土社 p124-125 (2000)

Harumi Suzuki
Coreceptor reexpression aasy
Methods in Molecular Biology - T cell protocols: Development and Activation edited by Kelly Kierse, Humana Press. Inc. (Totowa, NJ) p63-68 (1999)

篠原信賢
、鈴木春巳
主要組織適合性抗原の構造と機能-抗原提示
「移植免疫学」藤原大美編 中外医薬社 p28-49 (1992)
ISBN4-498-00622-4 

 


 総説 Reviews 

鈴木春巳
T細胞分化における正の選択
臨床免疫・アレルギー科 67: 227-234, 2017

Nitta T, Suzuki H.
Thymic stromal cell subsets for T cell development
Cell. Mol. Life Sci.,
73: 1021-37, 2016

小田浩代、鈴木春巳
マスト細胞の活性化とG蛋白質
臨床免疫・アレルギー科 52: 169-175, 2010

パトリックマイケル、鈴木春巳
胸腺内の正の選択に必須な新規分子Gasp(Themis)の発見
感染・炎症・免疫 40: 174 (2010)

鈴木春巳、小田浩代
T細胞分化における非定型Gタンパク質RhoHの機能
Jpn. J. Clin. Immunol. 31, 37-46 (2008)

小田浩代、鈴木春巳、白井睦訓
CD4陽性T細胞の分化とRac1
人工血液  14, 113-117 (2006) 1

鈴木春巳
T細胞の分化とRac
臨床免疫  43, 254-260 (2005)

鈴木春巳
B細胞シグナルにおけるPI3キナーゼとBtkの役割
臨床免疫 41, 113-120 (2004)

鈴木春巳、小安重夫
PI3キナーゼ、BtkとB細胞シグナリング
Molecular Medicine 臨時増刊 「免疫2004」104-111 (2003)

鈴木春巳
B細胞シグナルにおけるPI3キナーゼとBtkの役割
医学のあゆみ 207, 169-173 (2003)

鈴木春巳
B細胞シグナル伝達とPI3キナーゼ
臨床免疫 37, 403-409 (2002)

鈴木春巳、小安重夫
B細胞シグナル伝達におけるPI3キナーゼの役割
「免疫00-01」岸本忠三編 中山書店 80-87 (2000)

鈴木春巳
PI3キナーゼ欠損による免疫不全
臨床免疫 34, 97-101 (2000)

鈴木春巳
B細胞のシグナル伝達におけるPI3キナーゼおよびBtkの機能
医学のあゆみ 194, 390-399 (2000)

鈴木春巳
B細胞の分化とPI3キナーゼ
臨床免疫 32, 404-410 (1999)

鈴木春巳
B細胞分化におけるPI3キナーゼの役割
最新医学 54, 2162-2167 (1999)

鈴木春巳
T細胞レセプターとT細胞の分化
臨床免疫 30, 1072-1079 (1998)

鈴木春巳
T細胞の胸腺内分化-リニエージコミットメントにおける新展開
免疫Immunology Frontier 6, 13-19 (1996)  

 

 

 特許 Patents  


白井睦訓、鈴木春巳
「Pax5欠損プロB細胞への遺伝子導入を利用した新規免疫細胞制御・分化因子遺伝子探索法とそれを利用したRac1およびERK5の機能解明と免疫治療への利用」 
特願2005-001953
平成17年1月6日出願

天谷雅行、西川武二、
鈴木春巳、小安重夫
「自己免疫疾患モデル動物」 
特許3326770号
平成12年3月30日出願、平成14年7月12日登録
(米国特許)特許番号7060868号

戸田昭三、山崎 素直、大久保 明、
鈴木 春巳、飯山 賢治、大橋 康宏
「免疫活性化剤及びその製造法」
特許1957839号
平成元年3月出願、平成7年8月登録  

 

 

 研究費等の取得状況 Grants 

日本学術振興会 科学研究費 基盤研究(B)
「胸腺特異的に発現する新規分子Gaspの機能の解析」
研究代表者 (2010-2012) 課題番号22390098 
交付額 10,200,000(平成22~24年度)


文部科学省 科学研究費 特定領域研究(免疫系自己)
「正と負の選択におけるシグナル伝達機構の相違の解析」
研究代表者 (2010-2011) 課題番号22021050A01 
交付額 9,600,000(平成22~23年度)


厚生労働省科学研究費補助金 国際医療研究委託事業
「胸腺特異的新規遺伝子Gaspの機能解析に基づいた免疫関連疾患治療法の開発」

研究代表者 (2009)  
交付額 13,000,000(平成21~23年度)


厚生労働省科学研究費補助金 国際医療研究委託事業
「上皮再生修復の機構解明に基づく消化管粘膜傷害の遷延化防止・予後改善策の開発」

分担者  (2009-2011)  
交付額 4,000,000(平成21~23年度)


文部科学省 科学研究費 特定領域研究(免疫系自己)
「胸腺内レパトア選択におけるRhoH の役割」
研究代表者 (2008-2009)   課題番号18590472
交付額 9,600,000(平成20~21年度)

厚生労働省科学研究費補助金 医療機器開発推進研究事業
「半導体などナノ粒子による薬剤・細胞伝達システムの開発」

分担者 (2007-9)  
交付額 2,700,000(平成19~21年度)


厚生労働省科学研究費補助金 横断的基盤グループ研究事業
「HLA多型が寄与する自己免疫疾患の発症機所の解明」

分担者 (2007-9)  
交付額 13,000,000(平成19~21年度)  


文部科学省 科学研究費 特定領域研究(応用ゲノム)
「自己免疫性甲状腺疾患を中心とした自己免疫疾患関連遺伝子の解明」
分担者 (2006-2009)   課題番号18590472
交付額 16,000,000(平成18~21年度)

先進医薬研究振興財団
「Th-POKの発現調節によるT細胞リニエージ転換療法の開発」
研究代表者 (2007)  
交付額 1,000,000(平成19年度)


日本学術振興会 科学研究費 基盤研究(C)
「細胞膜に存在する新規女性ホルモン受容体」
分担者 (2006-2007)   課題番号18590205
交付額 0(平成18~19年度)


日本学術振興会 科学研究費 基盤研究(C)
「胸腺内T細胞の分化におけるTh-POKの役割」
研究代表者 (2006-2007)   課題番号18590472
交付額 3,600,000(平成18~19年度)
7-医薬-066

文部科学省 科学研究費 特定領域研究(2)がん治療
「LIF培養造血幹細胞を利用した新規の免疫細胞療法の開発」
研究代表者 (2005)  課題番号17016050
交付額 4,300,000(平成17年度)

鈴木謙三記念医科学応用研究財団
「造血幹細胞を用いた生活習慣病に対する新規の免疫操作療法の開発」
研究代表者 (2004)  
交付額 1,000,000(平成16年度)

(財)東京生化学研究会 研究奨励金
「人畜共通感染症を引き起こす日本紅斑熱原因菌リケッチア・ジャポニカ
の全ゲノムDNA配列の決定とその応用」

分担者 (2004)  
交付額 1,000,000(平成16年度)


持田記念医学薬学振興財団
「造血幹細胞の多分化能維持機構の解析」
研究代表者 (2004)  
交付額 1,000,000(平成16年度)

厚生労働省科学研究費補助金 食品医薬品等リスク分析 研究事業
「幹細胞を利用した分化誘導培養による人工血液の開発に関する研究」

分担者 (2004-6)  
交付額 9,000,000(平成16~18年度)  


文部科学省科学研究費 特定領域研究(2)発がんと防御
「NK細胞によるがん細胞の排除におけるPI3キナーゼの役割」
研究代表者 (2004)  課題番号16021241
交付額 3,800,000(平成16年度)

宇部興産学術振興財団学術研究費
「感染免疫におけるPI3キナーゼの機能」
研究代表者 (2004) 
交付額 1,000,000(平成16年度)

日本学術振興会 科学研究費 基盤研究(C)(2)
「T細胞の分化および活性化におけるRac1の機能の解明」
研究代表者 (2003-2004)   課題番号15590440
交付額 3,100,000(平成15~16年度)

文部科学省科学研究費 特定領域研究(2)幹細胞
「Pax5欠損プロB細胞を用いた造血幹細胞の多分化能維持機構の解析」
研究代表者 (2003-2004)  課題番号15039224
交付額 4,200,000(平成15~16年度)

山口大学VBL 重点支援研究
「Chlamydophila felis菌ワクチン・診断用抗原エピトープの全ゲノム網羅的解析による検出」
分担者 (2003) 
交付額 2,500,000(平成15年度)

山口大学ニューフロンティア奨励金
「 Rac1のT細胞分化および活性化における 機能の解析」
研究代表者 (2003)
交付額 500,000 (平成15年度)

日本学術振興会 未来開拓学術推進事業プロジェクト
「微生物のゲノム配列解析による病原性と有用遺伝子システムの解析」
分担者 (2003) 研究班班員
交付額 20,000,000(平成15年度)

山口大学ニューフロンティア奨励金
「 T細胞の分化にかかわる新規遺伝子の探索」
研究代表者 (2002)
交付額 500,000 (平成14年度) 日本学術振興会科学研究費 基盤研究(C)
「PI3キナーゼの免疫系における機能の解析」
研究代表者 (2001~2)  課題番号13670322
交付額 3,600,000(平成13~14年度)

文部科学省科学研究費 特定領域研究(A)細胞周期
「未熟胸腺細胞腫の分化誘導による増殖停止機構の解明」
研究代表者 (2001) 課題番号13043047
交付額 2,400,000(平成13年度)

文部科学省科学研究費 特定領域研究(A)免疫シグナル伝達
「B細胞分化のシグナル伝達におけるPI3キナーゼの機能」
研究代表者 (2001-2002) 課題番号13037028
交付額 6,000,000(平成13~14年度)

厚生省科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業
「自己抗原ノックアウトマウスを用いた自己免疫モデルの開発に関する研究」
分担者 (1999-2000)
交付額 48,000,000円(平成11~12年度)

文部省科学研究費 特定領域研究(A)免疫シグナル伝達
「T細胞分化のシグナル伝達におけるPI3キナーゼの機能」
研究代表者 (2000) 課題番号12036220
交付額 2,800,000(平成12年度)

慶応義塾大学 医学研究助成
「樹状細胞が生産するg型インターフェロンの感染防御における役割」
分担者 (1999)
交付額 3,000,000円(平成12年度~13年度)

文部省科学研究費補助金 特定領域研究(A)造血システム
「血液細胞の分化におけるPI3キナーゼの役割」
研究代表者 (2000) 課題番号12036220
交付額 3,000,000円(平成12年度)

文部省科学研究費補助金 基盤研究(B)
「自己抗原ノックアウトマウスを用いた自己免疫疾患モデル動物の開発」
分担者 (1998)
交付額 7,900,000円

慶応義塾学事振興資金による研究補助
「天疱瘡自己免疫モデルマウスの作成」
分担者 (1998)
交付額 4,100,000円

(財)持田記念医学薬学振興財団 平成9年度研究助成金
「T細胞分化におけるMAPキナーゼスーパーファミリーの関与」
研究代表者 (1998)
交付額 1,000,000円

慶応義塾大学 医学研究助成
「移植骨髄の急性拒絶に関する基礎研究」
分担者 (1998)
交付額 3,000,000円(平成9年度~11年度)

文部省科学研究費補助金 奨励研究(A)
「T細胞の正および負の選択におけるシグナル伝達機構の解明」
研究代表者 (1998)
交付額 1,600,000円(平成9~10年度)

(財)東京生化学研究会 研究奨励金
「免疫不全疾患モデルマウスに成熟T細胞の分化を誘導する試み」
研究代表者 (1998)
交付額 1,000,000円 慶応義塾大学医学研究助成 

 

 

 招待講演、シンポジウム Oral Presentations (invited) 

HarumiSuzuki, Michael S. Patrick, Hiroyo Oda
Gasp (Themis) is a novel protein essential for positive selection but for negative selection nor for peripheral activation
The 39th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology (2009.12)
Late braking talk, Osaka, Japan (English)


Harumi Suzuki, Hiroshi Ichinose, Takaaki Akaike, Shigeo Koyasu, Mutsunori Shirai
The role of PI3 kinase inNO production of macrophages
SBARIS 2nd & Infectious Disease Study Group 3rd meeding
(2005. 11) Okinawa, Japan (English)


鈴木春巳、小田浩代、酒井幸平、白井睦訓
T細胞の胸腺内分化におけるRacの機能
第29回日本リンパ学会総会 (2005. 7) 宇部 (日本語)


鈴木春巳
免疫系のシグナル伝達におけるPI3キナーゼの機能
第2回山口大学大学院応用医工学系シンポジウム「ストレスに対する生体の戦略」 (2002. 5) 山口 (日本語)


Harumi Suzuki, Yasuo Terauchi, Mari Fujiwara, Taku Kouro, Kiyoshi Takatsu, Takashi Kadowaki and Shigeo Koyasu
Differential requirement of PI3-Kinase activity in Ca2+ mobilization and Akt dependent anti-apoptosis pathway during BCR stimulation
FASEB summer research conference 2000, signal transduction in the immune system
(2000. 7) Saxton's River, VM, USA (English)


鈴木春巳
リンパ球の分化、活性化とPI3キナーゼ
第6回東京免疫フォーラム (1999. 6)東京 (日本語)


Harumi Suzuki, Yasuo Terauchi, Mari Fujiwara, Shinichi Aizawa, Yoshio Yazaki, Takashi Kadowaki and Shigeo Koyasu
Xid-like immunodeficiency in mice with disruption of the p85alpha subunit of PI3-Kinase
Gordon Research Coonference, Immunochemistry and immunology
(1999. 5) Il Ciocco, Italy (English)


鈴木春巳、真貝洋一、F.W. Alt, P.E. Love, A. Singer
未熟胸腺細胞のCD4コミットメントにはT細胞レセプターの発現は必須ではない
第26回日本免疫学会総会 シンポジウム (1996. 11) 横浜 (日本語)


Harumi Suzuki, Yoichi Shinkai, Paul E. Love, Frederic Alt, Alfred Singer
Commitment of immature thymocyte to the CD4 lineage without expression of clonotypic TCR chains.
Keystone symposia on molecular and cellular biology (1996. 6) Hilton Head, SC, USA (Enlgish)

 

 

 学会発表(一般演題) Presentations 

Kunihiro Hayakawa, Michael S. Patrick, Hiroyo Oda, Harumi Suzuki
Functional analysis of novel T cell-specific gene ISC22
14th International Congress of Immunology, 2010.8 神戸

Michael S. Patrick, Hiroyo Oda, Kunihiro Hayakawa, Koji Eshima, Harumi Suzuki. Gasp (Themis) is critically required for thymocyte positive selection
14th International Congress of Immunology 2010.8 神戸(口頭、英語)

早川 国宏、Michael S. Patrick、小田 浩代、鈴木 春巳
新規遺伝子ISC22のT細胞分化における機能の解析
第20回KTCC 2010.6, 京都 (口頭)

Michael S. Patrick, Kunihiro Hayakawa, Hiroyo Oda, Harumi Suzuki
The novel protein Gasp (Themis) is critically required for thymocyte positive selection by regulating ERK activation
第20回 KTCC 2010.6 京都(口頭、英語)

Michael S. Patrick, Kunihiro Hayakawa, Hiroyo Oda and Harumi Suzuki
Function of Gasp (Themis) in positive selection of thymocyte.
ThymOz International Conference. 2010.3, Gladstone, Australia(口頭、英語)

Michael S. Patrick, Kunihiro Hayakawa, Sachiko Dobashi, Hiroyo Oda, Harumi Suzuki
Gasp (Themis) plays a critical role in thymocyte positive selection by regulating ERK activation
第19回 東京免疫フォーラム 2010.2, 東京(口頭、英語)

Michael S. Patrick, Hiroyo Oda, Kunihiro Hayakawa, Yoshinori Sato, Koji Eshima, Mutsunori Shirai and Harumi Suzuki
A novel Grb2 associating protein Gasp is critically required for positive selection of thymocytes
第39回日本免疫学会学術集会 2009.12 大阪

Kunihiro Hayakawa, Michael S. Patrick, Hiroyo Oda and Harumi Suzuki
Analysis of novel T cell-specific gene ISC22
第39回日本免疫学会学術集会 2009.12 大阪

Michael S. Patrick, Hiroyo Oda, Yoshinori Sato, Shinichi Aizawa, Toru Natusme and Harumi Suzuki A novel gene ISC4 is critically required for positive selection of thymocytes
The 5th International Workshop of Kyoto T Cell Conference 2009.6 Kyoto Japan(口頭、英語)

Harumi Suzuki, Hiroyo Oda and Michael S. Patrick 
A novel thymus specific gene ISC4 plays a critical role in positive selection in the thymus
The 2009 Midwinter Conference of Immunologists at Asilomar 2009.1 Pacific Grove, USA(口頭、英語)

Michael S. Patrick, Hiroyo Oda, Yoshinori Sato, Mutsunori Shirai and Harumi Suzuki
ISC4欠損マウスの胸腺における正の選択の阻害
第38回日本免疫学会学術集会 2008.12 京都(口頭)

Hiroyo Oda, Manabu Fujimoto, Michael S. Ptrick, Yoshinori Sato, Shin-ichi Aizawa, Mutsunori Shirai and Harumi Suzuki
Function of RhoH in mast cells signal transduction 
第38回日本免疫学会学術集会 2008.12 京都(口頭)

SATO Yoshinori, ODA Hiroyo, PATRIC S. Michael, AIZAWA Shinichi, SHIRAI Mutsunori, SUZUKI Harumi
T細胞の生存および恒常性維持におけるRac1の機能
第38回日本免疫学会学術集会 2008.12 京都(口頭)

Michael S. Patrick, Hiroyo Oda, Yosinori Sato and Harumi Suzuki
A novel T cell specific gene ISC4 plays a critical role in positive selection in the thymus
Gordon Research Conference, Immunobiology and Immunochemistry 2008.8 Oxford, England

Michael S. Patrick, Hiroyo Oda, Yoshinori Sato, Shinichi Aizawa and Harumi Suzuki
A novel T cell specific gene ISC4 plays a critical role in positive selection in the thymus
第18回 KTCC  2008.6 京都(口頭)

Seiji Kitahara, Harumi Suzuki, Hiroyo Oda, Kouhei Sakai, Masahiro Tsuchida, Shigeo Koyasu, Katsusuke Naito, Mutsunori Shirai
Role of Phosphoinositide 3-kinase in induction and maintenance of B cell self tolerance
The 95th AAI annual meeting, 2008.4 San Diego, USA

Hiroyo Oda, Michael Patrick, Yoshinori Sato, Dai Chida, Takehiko Sasazuki, Mutsunori Shirai, Harumi Suzuki
Function of RhoH in T cell development and activation
第37回日本免疫学会総会、2007.11 東京


小田浩代、Michael S. Patrick、佐藤義則、酒井幸平、北原誠司、千田大、相澤慎一、白井睦訓、鈴木春巳
T細胞分化におけるRhoHの機能
第17回 KTCC  2007.6 京都(口頭)

Hiroyo Oda, Michael S. Patrick, Yoshinori Sato, Kohei Sakai, Takehiko Sasazuki, Sinichi Aizawa, Mutsunori Shirai and Harumi Suzuki
FUNCTION OF RHOH IN T CELL DEVELOPMENT
Rolduc Workshop on T cell Bilogy, 2007.5 Kerkrade, Netherland (口頭、英語)

ODA Hiroyo, SUZUKI Harumi, BABA Yukari, SAKAI Kouhei, PATRICK Michael, KITAHARA Seiji, AIZAWA Shin-ichi, SHIRAI Mutsunori
Role of Rac1 in survival of peripheral T cells
第36回日本免疫学会総会、2006.12 大阪

SUZUKI Harumi, SAKAI Kouhei, SHIRASAKI Tomoaki, ODA Hiroyo, KITAHARA Seiji, PATRICK S. Michael, GALERA Philippe, SHIRAI Mutsunori
Functional analysis of Th-POK in T cell development
第36回日本免疫学会総会、2006.12 大阪 (口頭)

Harumi Suzuki, Kouhei Sakai, Takaaki Akaike, Shigeo Koyasu, Mutsunori Shirai
Phosphoinositide 3-kinase in nitric oxides synthesis in macrophage: critical dimerization of inducible nitric oxide synthase
6th Awaji International Forum on Infection and Immunity  2006.9  Awaji

鈴木春巳、酒井幸平、白崎友彬、小田浩代、北原誠司、マイケル・パトリック、白井睦訓
DP胸腺細胞におけるTh-POKの発現および機能の解析
第16回 KTCC 2006.6 京都(口頭)


鈴木春巳、酒井幸平、小田浩代、赤池孝章、白井睦訓
マクロファージのNO産生におけるPI3Kの役割
第79回日本細菌学会総会、2006.3 金沢(口頭)

鈴木春巳、小田浩代、酒井幸平、北原誠司、白井睦訓
胸腺細胞の分化におけるRhoHの機能
第35回日本免疫学会総会、2005.12 横浜 (口頭)

小田浩代、鈴木春巳、酒井幸平、北原誠司、白井睦訓
LIFはPax5欠損プロB細胞および造血幹細胞のT細胞への分化能をex vivoで維持することができる

第35回日本免疫学会総会、2005.12 横浜 (口頭)


小田浩代、鈴木春巳北原誠司 、酒井幸平、白井睦訓 
LIFによるT細胞増強療法の確立に向けた基礎的検討
第18回 バイオセラピイ学会年会、2005.12 宇部

Harumi Suzuki, Hiroyo Oda, Kouhei Sakai, Chisato Kitazawa, Meinrad Busslinger and Mutsunori Shirai
Effect of LIF on T-poiesis from multipotential Pax5 deficient pro-B cells
KTCC 2005 2005.4 Kyoto (口頭、英語)

井上幸江、藤本充章、高木栄一、
鈴木春巳、白井睦訓、横田義史、市川仁、中井彰
熱ショック応答と免疫応答のクロストーク
第27回日本分子生物学会年会、2004.12 神戸  (口頭)

鈴木 春巳、小田 浩代、酒井 幸平、三浦 公志郎、白井 睦訓 
LIFによる造血系幹細胞のT細胞系列への分化制御
第27回日本分子生物学会年会、2004.12 神戸

小田浩代、酒井幸平、白井睦訓、鈴木春巳
FoxP3遺伝子の強制発現によるT細胞シグナル伝達の撹乱
第34回日本免疫学会総会、2004.12 札幌 (口頭)
酒井幸平、鈴木春巳、小田浩代、白井睦訓
クラミジアの感染排除における一酸化窒素合成を介したPI3キナーゼの役割
第34回日本免疫学会総会、2004.12 札幌

江島耕二、鈴木春巳、篠原信賢
両クラスの選択的MHC存在下におけるT細胞の正の選択:CD4-CD8細胞系列への分化における2つのMHCの効果
第34回日本免疫学会総会、2004.12 札幌 

鈴木春巳、小田浩代、酒井幸平、白井睦訓
LIFはPax5プロB細胞のT細胞系列への分化能を制御する
第34回日本免疫学会総会、2004.12 札幌 (口頭)

Harumi Suzuki
, Hiroyo Oda, Kouhei Sakai, Jonathan Kaye, Meinrad Busslinger and Mutsunori Shirai
Rac mediated actin polymerization and Bcl-2 induction are critical in development of immature thymocytes
ThymUs '04, 2004. 11 
San Juan, Puerto Rico  (口頭、英語)

三浦公志郎、村田正之、東慶直、鈴木春巳、白井睦訓

肺炎クラミジアの遺伝子発現解析とクロマチン構造変化
第57回日本細菌学会中国四国支部総会、2004.10  広島 (口頭)

井上幸江、伊豆英恵、高木栄一、鈴木春巳、白井睦訓、横田義史、市川仁、田中康範、藤本充章、中井彰
抗体産生応答における熱ショック転写因子HSF1の関与

第77回日本生化学会総会、2004.10 横浜 (口頭) 

Mutsunori Shirai, Yoshinao Azuma, Naoyoshi Takaoka,
Harumi Suzuki, Koshiro Miura
Immune Gene Expression Analysis of infected Host Cells Using DNA Microarray
12th International Congress of Immunology, 2004. 7 
Montreal, Canada

鈴木春巳、酒井幸平、東慶直、三浦公志郎、白井睦訓
細胞内寄生細菌の排除におけるPI3キナーゼの役割
第77回日本細菌学会総会、2004.4  大阪

鈴木光子、
鈴木春巳、小田浩代、酒井幸平、松崎益徳、白井睦訓
胸線細胞の負の選択におけるERK5の機能
第101回山口医学会総会、2004.2  宇部 (口頭)

鈴木春巳、小田浩代、酒井幸平、鈴木光子、北村俊雄、白井陸訓
T細胞分化においてRac1はアクチン再構成のみならずアポトーシス阻止にも重要である
第26回日本分子生物学会年会、2003.12 神戸 (口頭)


小田浩代、
鈴木春巳、白井陸訓
新規のT細胞再構築実験系を利用したcdc42のT細胞分化における機能解析
第26回日本分子生物学会年会、2003.12 神戸

井上幸江、伊豆英恵、鈴木春巳、中村公亮、高木栄一、白井陸訓、横田義史、藤本充章、中井彰
熱ショック転写因子HSF1欠損マウスにおける抗体産生の低下
第26回日本分子生物学会年会、2003.12 神戸 (口頭)

鈴木春巳、小田浩代、酒井幸平、鈴木光子、Meinrad Busslinger、白井陸訓
Rac1はT細胞の正の選択に必須であるが、beta選択には必要ない
第33回日本免疫学会総会、2003.12 福岡 (口頭)


江島耕二、
鈴木春巳、篠原信賢
Thymic positive selection of T cells bearing transgenic TcR in the presence of both classes of selecting MHC ligands
第33回日本免疫学会総会、2003.12 福岡

酒井幸平、鈴木春巳、白井睦訓
クラミジアの感染排除におけるPI3キナーゼの重要性
第33回日本免疫学会総会、2003.12 福岡

酒井幸平、
鈴木春巳、東慶直、三浦公志郎、白井睦訓
クラミジアの感染時のマクロファージにおけるPI3キナーゼの役割
第100回山口医学会総会、2003.7  宇部 (口頭)

Harumi Suzuki, Satoshi Matsuda, Yasuo Terauchi, Timothy W. Behrens, Takashi Kadowaki, Mutsunori Shirai, and Shigeo Koyasu
PI3K and Btk differentially regulate B cell antigen receptor-mediated signal transduction
FASEB summer conference, Signal transduction in immune system, 2003.6
Snowmass Village, CO, USA

Shigeo Koyasu, Satoshi Matsuda, Yasuo Terauchi, Mari Fujiwara, Timothy W. Behrens, Kiyoshi Takatsu,Takashi Kadowaki and
Harumi Suzuki
PI3K and Btk differentially regulate B cell antigen receptor-mediated signal transduction
FASEB/AAI meeting, 2003.5
Denver, CO, USA (口頭)

鈴木春巳、小田浩代、酒井幸平、白井睦訓
T細胞の分化誘導シグナルにおけるRac1の機能
2003年度日本農芸化学会大会、2003.4  藤沢 (口頭)酒井幸平、鈴木春巳、東慶直、三浦公志郎、白井睦訓
クラミジアの感染および増殖におけるPI3キナーゼの機能
第76回日本細菌学会総会、2003.4  熊本 (口頭)

鈴木春巳、
小田浩代、酒井幸平、松田達志、小安重夫、白井陸訓
T細胞の胸腺内分化はRac1を介したアクチン再構成に依存する
第25回日本分子生物学会年会、2002.12 横浜 (口頭)

小安重夫、藤原真理、望月義人、
鈴木春巳、土井知光
Phosphoinositides 3-kinase is involved in the optimal pre-TCR signal transduction during thymocyte development
第32回日本免疫学会総会、2002.12 東京 (口頭)

鈴木春巳、小田浩代、酒井幸平、松田達志、小安重夫、白井陸訓
Rac1 mediated cytoskeltal rearrangement is critical in positive selection of thymocytes
第32回日本免疫学会総会、2002.12 東京 (口頭)

Harumi Suzuki, Hiroyo Oda, Satoshi Matsuda, Shigeo Koyasu, Mutsunori Shirai
Critical Roles of the GTPase Rac1 in positive selection of thymocytes
12th Kyoto T Cell Conference 2002. 4 Kyoto (English 口頭)

鈴木春巳、藤原真理、樗木俊聡、松田達志、牧千佳子、高津聖志、白井陸訓、小安重夫
PI3キナーゼノックアウトマウスのB細胞分化、活性化異常はbcl-xLの過剰発現によって回復できる
第31回日本免疫学会総会、2001.12 大阪

高山哲朗、太田孝幸、土井知光、鈴木春巳、小安重夫
cdk2活性の低下はCD8ではなくCD4胸腺細胞の分化を誘導する
第31回日本免疫学会総会、2001.12 大阪 (口頭)

安井耕三、市川元基、小宮山淳、鈴木春巳、小安重夫
GM-CSFによる好中球アポトーシスの抑制ならびに機能プライミングはIa型PI3Kを介している
第31回日本免疫学会総会、2001.12 大阪

小安 重夫、鈴木 春巳、寺内 康夫、門脇 孝
B細胞の活性化反応ならびに生存維持におけるPI3キナーゼの機能
日本生化学会 2000. 12 福岡 (口頭)

鈴木春巳、寺内泰夫、紅露拓、藤原真理、高津聖志、門脇孝、小安重夫
B細胞のシグナル伝達においてPI3KはAktとBtkを異なる様式で制御する
第30回日本免疫学会総会 2000. 11 仙台 (口頭)

太田孝幸、角田和之、鈴木春巳、大山学、西川武二、永井哲夫、天谷雅行、小安重夫
末梢抗原に対するB細胞のトレランス成立の重要性について:天疱瘡モデルマウスを用いた解析
第30回日本免疫学会総会 2000. 11 仙台

高山哲朗、鈴木春巳、小安重夫
T細胞の分化におけるcdk2の機能
第30回日本免疫学会総会 2000. 11 仙台

高山哲朗、鈴木春巳、小安重夫
T細胞の胸腺内分化におけるcdk2の関与
第10回 Kyoto T Cell Conference 2000. 5 京都 (口頭)

鈴木春巳、藤原真理、寺内康夫、紅露拓、松田達志、高津聖志、門脇孝、小安重夫
B細胞のシグナル伝達におけるPI3キナーゼ調節サブユニットp85αの役割
第29回日本免疫学会総会 1999. 12 京都 (口頭)

土井知光、鈴木春巳、松田達志、森口徹生、西田栄介、下田耕治、小安重夫
T細胞分化におけるJNK経路の役割
第29回日本免疫学会総会 1999. 12 京都

天谷雅行、角田和之、鈴木春巳、太田孝幸、西藤公司、小安重夫、西川武二
自己抗原ノックアウトマウスを用いた天疱瘡モデルマウスの作成
第29回日本免疫学会総会 1999. 12 京都 (口頭)

戸田正博、
鈴木春巳、小安重夫、河上裕
発達過程におけるマウス脳内抗原提示細胞の解析
第29回日本免疫学会総会 1999. 12 京都

江指永二、原孝彦、鈴木春巳、田中稔、小安重夫、宮島篤
オンコスタチンM依存性胸腺ストロマ細胞株による胎児胸腺由来マクロファージの誘導
第29回日本免疫学会総会 1999. 12 京都

鈴木春巳、藤原真理、寺内康夫、門脇孝、小安重夫
T細胞の分化とPI3キナーゼ
第9回 Kyoto T Cell Conference 1999. 10 京都 (口頭)

鈴木春巳、寺内康夫、藤原真理、相沢慎一、矢崎義雄、門脇孝、小安重夫
B細胞のシグナル伝達におけるPI3キナーゼ(p85a)の関与
第21回日本分子生物学会年会 1998. 12 横浜 

鈴木春巳、寺内康夫、藤原真理、相沢慎一、矢崎義雄、門脇孝、小安重夫
PI3キナーゼ調節サブユニットp85aノックアウトマウスにおけるB細胞の分化、活性化異常
第28回日本免疫学会総会 1998. 12 神戸 (口頭)

Harumi Suzuki, Yasuo Terauchi, Mari Fujiwara, Shinichi Aizawa, Yoshio Yazaki, Takashi Kadowaki and Shigeo Koyasu
Developmental and functional impairment of lymphocytes in mice lacking p85a regulatory subunit of phosphatidylinositol 3-kinase
10th International Congress of Immunology 1998. 10 Dehli, India (English)

鈴木春巳、藤原真理、Ricardo Cibotti、小安重夫、Alfred Singer
T細胞受容体複合体の凝集度が未熟T細胞の正および負の選択を区別する。
第27回日本免疫学会総会 1997. 11 札幌 (口頭)

Harumi Suzuki, Ricardo. Cibotti, Terry I. Guinter, Mari Fujiwara, Shigeo Koyasu and Alfred Singer
Extent of TCR aggregation is crucial in determining positive and negative selection of immature thymocyte
7th Kyoto T Cell Conference 1997. 10 Kyoto (English 口頭)

Harumi Suzuki, Alfred Singer
Unique pathway of CD8 single positive T cell development in mice overexpressing bcl-2
Keystone Symposia, Tolerance and Autoimmunity 1997. 4 Keystone, CO, USA (English)

Harumi Suzuki, Yoichi Shinkai, Paul E Love, Frederic W Alt, Alfred Singer
Commitment of immature thymocytes to the CD4+ T cell lineage independent of clonotypic TCR chains
FASEB (AAI) meeting 1996. 6 New Orleans, LO, USA (English)

Harumi Suzuki, Jenni A Punt, Larry G Granger and Alfred Singer
Asymmetric signaling requirement for thymocyte commitment to the CD4+ versus CD8+ T cell lineage
9th International Congress of Immunology 1995. 2 San Francisco, CA, USA (English)

Harumi Suzuki, Yousuke Takahama, Kenneth S Katz, Michael J Grusby, Alfred Singer
MHC-independnet positive selection of CD4+ T cells.
Gordon Research Conference, Immunochemistry and immunobiology 1994. 7 Henniker, NH, USA (English)

鈴木春巳江島耕二、勝木元也、横山峯介、長谷川孝徳、花岡聡子、高垣洋太郎、黄怡塋、山崎素直、篠原信賢
CD8クラスII特異CTLの由来
第22回日本免疫学会総会 1992.11 名古屋

Harumi Suzuki, Kouji Eshima, Satoko Hanaoka, Sunao Yamazaki, Yohtaroh Takagaki, Motoya Katsuki Nobukata Shinohara
Ontogeny of CD8+ allo-class II specific CTL
WACIID  Hong Kong 1992.1

鈴木春巳、江島耕二、花岡聡子、山崎素直、高垣洋太郎、勝木元也、篠原信賢
アロクラスII抗原を認識するCD8キラーT細胞
第21回日本免疫学会総会 1991.11 熊本 (口頭)

鈴木春巳、黄怡塋、高垣洋太郎、篠原信賢
アロクラスII抗原を認識するCD8+キラーT細胞
第20回日本免疫学会総会 1990.11 東京 (口頭)

鈴木春巳、飯山顕治、杤倉匡文、山本直樹、山崎素直、戸田昭三
水溶性リグニンおよび芳香族ポリアニオンの生理活性
日本農芸化学会 1990.4 福岡 (口頭)

鈴木春巳、飯山顕治、杤倉匡文、山本直樹、山崎素直、戸田昭三
水溶性リグニンのマクロファージおよび未熟骨髄細胞活性化作用
第19回日本免疫学会総会 1989.11 (口頭)

鈴木春巳、飯山顕治、杤倉匡文、山本直樹、山崎素直、戸田昭三
水溶性リグニンの免疫活性および抗ウイルス活性
第34回リグニン研究会1989.10 名古屋 (口頭)

鈴木春巳、飯山顕治、杤倉匡文、山本直樹、山崎素直、戸田昭三
水溶性リグニンの免疫活性および抗ウイルス活性
日本農芸化学会1988.4 新潟(口頭)

斉藤倫、鈴木春巳、大久保明、山崎素直、戸田昭三
椎茸菌糸培養抽出物LEMによるマクロファージ産生の調節
第17回日本免疫学会総会1987.11 金沢



 教育関連業績 Educational Contributions 
        

山口大学 医学部
        細菌学系統講義 (学生からの授業評価)
        細菌学実習              
        重点統合免疫学演習 (学生からの評価)
        血液免疫学講義
        基礎医学セミナー
        特別専門講義(学生からの授業評価
        医学入門I
        大学院生殖発達感染学
        医学英語
        共通教育「生命と環境」
        大学院基礎コース
        新入生フレッシュマンセミナー担当講師
        修学論文チュートリアルコーディネーター
        大講座検討委員会
        助講会副会長

慶応大学 医学部
        微生物学系統講義
        微生物学実習
        医生物学講義
        大学院免疫学講義
        入試問題作成委員

慶応看護短期大学 看護学部
        非常勤講師 微生物学講義東京農工大学 農学部
        非常勤講師 生体分子化学特論II東京工科専門学校
        非常勤講師 生化学

東京大学 農学部
       農芸化学実習

   
2001-2006
2001-2006
2001-2005
2004-2005
2002
2003
2002
2002-2006
2003
2006
2003
2002
2003
2001-2002
2002

1997-2001
1996-2001
1997-1999
1997-2001
1998-2000


1998-2001
2003
1986-1987


1991-1992




 その他 Miscellaneous 
   
厚生労働省 厚生科学Weekly 420号 巻頭言
鈴木春巳 「独創的な研究と競争」 (2009年11月6日)


JSI ニュースレター Vol.15 No.1 
新しい研究室を開くにあたって
鈴木春巳 「2つの目標」 (2007年3月)


公明新聞  連載 「入門免疫塾:感染防御機構の秘密
2006年1月-12月


宇部興産研究援助金の受賞式の模様が報道される
宇部日報 (2004年5月27日) 


特定領域研究「免疫シグナル伝達」ニュース No.4
鈴木春巳 「T細胞からリンパ球へ」 (2001年6月)


日本テレビ ニュース番組「今日の出来事」にて学位論文の内容が放映される
1989年3月25日 23:30~ 
(*Windowsをご利用の方はQuickTimeのインストールが必要です。)



地方新聞、週刊誌等にて学位論文の内容が報道される
神奈川新聞、愛媛新聞、北海道新聞ほか (1989年3月26日) 
週刊アエラ(1989年8月22日号、30-31ページ)