疾患制御研究部ホームページ -Department of Disease Control-

研究部の経緯と歴史

平成9(1997)「年に、国立国際医療センター研究所血液疾患研究部として創設し、造血因子のシグナル伝達や白血球機能などの研究を行ってきた。 その後、ヒトES細胞を用いた研究を開始するために、平成17(2005)年にヒトES細胞使用計画の文部科学大臣の確認を受けて、血液細胞や血管内皮細胞の分化誘導に関わる研究を開始した。 このような文部科学大臣確認は、厚生労働省の機関としては初めてであった。これらは法人化する以前からの歴史であるが、現在、中心的に展開しているヒトES細胞とヒトiPS細胞の双方を駆使した研究、特に中胚葉系の分化細胞を用いた研究の発端となった。 平成22(2010)年の法人化後、部名を疾患制御研究部へと変更して、センターのミッションである様々の疾患、特に糖尿病、代謝疾患などの生活習慣病の研究を展開し、現在に至っている。

研究所が取り組んできた研究

当センターが取り組むべき重要な疾患(糖尿病とその合併症、肝炎等の感染症、 その他の疾患)の制御(病因の解明、発症進展機構の解析、新しい治療法の開発)のために、疾患に関わるヒト細胞 (血液細胞、血管内皮細胞、脂肪細胞、肝細胞)を駆使して、 その細胞生物学的な現象の解析と疾患特異的・細胞系列特異的な異常発生機構の解明を目指して以下のような研究を推進してきた。

  • ヒトES細胞やヒトiPS細胞からの分化細胞を駆使した基盤研究
  • ヒト血管内皮細胞を用いた糖尿病性細小血管症の病態や創薬に関する研究
  • 造血幹細胞やその他の体性幹細胞を用いた治療法開発の研究
  • 試験・研究や肝不全治療に貢献できるヒト肝細胞の作成法の研究
  • ヒト白血球の分化や機能活性化と感染症防御機構の研究
01 02

+ クリックで大きな画像が閲覧できます

直近の状況

ここ2、3年は、ヒトiPS細胞、ヒトES細胞から分化誘導した褐色脂肪細胞と血管内皮細胞の研究に集中して取り組み、従来の研究法(ヒト検体を用いた研究や動物モデルを用いた研究)では開拓できなかった領域の研究を推進している。 とりわけ、ヒト褐色脂肪細胞から分泌される因子(液性因子)の同定、分化に関わる創薬標的分子などの同定、などに重点を置いている。 これらの研究の展開に際しては、株式会社IDファーマ(センダイウイルスベクター)などの企業との共同研究、共同特許出願も進めて、産業界とも密接に連携している。

お知らせ

2016.08.01
岡 雅子研究員が着任しました。
2016.05.26
ホームページを更新しました。
2014.04.02
疾患制御研究部ホームページを開設しました。
研究施設のご案内

国立研究開発法人
国立国際医療研究センター研究所
〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1
TEL (03)3202-7181
FAX (03)3202-7364
疾患制御研究部 内線2807


国立国際医療研究センター
国立国際医療研究センター研究所