研究内容

当研究部では組織幹細胞やES細胞などの幹細胞についての性状解析と分化誘導法の基礎研究を行っています。組織幹細胞については特に皮膚や脂肪組織に存在する幹細胞に注目して、いろいろな細胞に分化させる研究を行っています。最終的に新しい細胞移植法を開発して再生医療への臨床応用することを目指しています。

皮膚の幹細胞を用いた研究

  • ヒトおよびマウスの脂肪由来の幹細胞の性状解析、それらの可塑性の検討
  • 真皮の多能幹細胞の単離と分化誘導後の生体における機能解析

iPS細胞やES細胞を用いた研究

  • 患者由来のiPS細胞の樹立
  • ES細胞から膵臓組織、心筋、気管上皮などへの分化誘導

血管新生とリンパ管新生

  • 間葉系幹細胞を用いた血管新生療法の開発
  • リンパ浮腫に対する新規治療法の開発

肝臓の研究詳細はこちら

  • 肝臓の幹/前駆細胞の性状解析
  • 肝臓の線維化に関わる研究