メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > セミナー開催情報 > 第3回研究所セミナー

第3回研究所セミナー

日時

2013年10月21日(月曜日)17時~18時

場所

研究所会議室 A・B(国府台中継)

講師

東京大学医学部 教授 間野 博行 先生

演題

本質的な発がん原因発見がもたらすがん医療の革新

講演要旨

間野博行氏は、自ら開発した、レトロウィルスベクターによる機能アッセイ系を用い、肺ガンの遺伝子変異に注目し、がん患者の一部で転座により作られた融合遺伝子EML4-ALKが肺ガン発生に関わることを見出しました。 その後、阻害剤開発と臨床研究を進め、4年後にはALK阻害剤が肺ガン治療薬として承認されています。 さらに、診断キットや本薬剤によるガン耐性化の研究も進め、第二世代の薬剤の臨床研究も進めておられます。 今回のセミナーでは、方法の確立から、肺ガン遺伝子の発見、臨床展開のダイナミズムをお話しいただき、今後の抱負もお聞かせ頂く予定です。

研究所セミナー:開催スケジュール

  • 第7回   Jeffery S. Cox 先生 (UCSF)    (3月25日)
  • 第6回   中釜 斉 先生(国立がんセンター) (1月21日)
  • 第5回   成宮 周 先生(京都大学)     (12月16日)
  • 第4回   宮島 篤 先生(東京大学)     (11月25日)
  • 第3回   間野 博行 先生(東京大学)    (10月21日)
  • 第2回   Timothy Hla 先生(コーネル大学) (8月1日)

主催・連絡先

国立国際医療研究センター研究所長:清水 孝雄

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。