メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > セミナー開催情報 > 第8回研究所セミナー

第8回研究所セミナー

日時

2014年4月21日(月曜日)17時~18時

場所

研究所A・B会議室(国府台中継)

講師

小安 重夫 先生(理化学研究所)

演題

アレルギー性炎症とナチュラルヘルパー細胞

講演要旨

これまでの自然免疫研究は、細菌感染やウイルス感染時に見られる、マクロファージやナチュラルキラー(NK)細胞やそれらが産生するIL-1bやインターフェロンなどの炎症性サイトカインが中心であった。一方、古くから寄生虫感染やアレルギー性疾患において、獲得免疫系とは独立に IL-5やIL-13などのTh2型のサイトカインが産生され、異なるタイプの炎症が誘起されることが知られていたが、関与する細胞に関しての情報は極めて限られていた。

我々は、腸間膜に代表される脂肪組織中に、これまでに報告のないリンパ球集積を発見し、この組織をFALC (fat-associated lymphoid cluster) と名付け、さらにFALC中に大量の2型サイトカインを発現する細胞集団を見いだした。この細胞がIL-2によって増殖し、IL-5, IL-6, IL-13などの2型サイトカインを恒常的に発現する特徴を持つことから、ナチュラルヘルパー(Natural Helper: NH)細胞と名付けた。寄生虫感染時には、傷害を受けた上皮細胞や内皮細胞から産生されるIL-25やIL-33に反応してNH細胞は大量のIL-5やIL-13を産生し、好酸球増多や杯細胞過形成を介して寄生虫感染における自然免疫において中心的な役割を果たす。一方、NH細胞は獲得免疫系の細胞にも作用し、NH細胞から恒常的に産生されるIL-5やIL-6はB細胞によるIgA産生やB1細胞の維持に機能する。NH細胞は様々な2型の炎症に関わる。

我々は最近、ステロイド抵抗性の重症喘息にもNH細胞が関わることを見いだした。気道炎症時に上皮細胞から産生されるThymic stromal lymphopoietin (TSLP)がNH細胞に対してステロイド抵抗性を付与すること、このメカニズムがStat5を介することから、Stat5の阻害剤がステロイド抵抗性の気道炎症の治療に有効である可能性を示した。本講演では、NH細胞と炎症との関わりや他の自然免疫細胞との関わりについて、最近の知見も含めて紹介し、最近盛んになった自然リンパ球研究についても概観したい。

参考文献

原著

  1. Kabata H, Moro K, Fukunaga K, Suzuki Y, Miyata J, Masaki K, Betsuyaku T, Koyasu S, Asano K.
    Thymic stromal lymphopoietin induces corticosteroid resistance in natural helper cells during airway inflammation.
    Nat. Commun. 4: 2675, 2013.
  2. Furusawa J, Moro K, Motomura Y, Okamoto K, Zhu J, Takayanagi H, Kubo M, Koyasu S.
    Critical role of p38 and GATA3 in natural helper cell function.
    J. Immunol. 191: 1818-1826, 2013.
  3. Moro K, Yamada T, Tanabe M, Takeuchi T, Ikawa T, Kawamoto H, Furusawa J, Ohtani M, Fujii H, Koyasu S.
    Innate production of Th2 cytokines by adipose tissue-associated c-Kit+Sca-1+ lymphoid cells.
    Nature 463:54 0-544, 2010.

総説

  1. Koyasu S, Moro K.
    Role of Innate lymphocytes in infection and inflammation. Front. Immunol. 3: 101, 2012.
  2. Koyasu S, Moro K.
    Type 2 innate immune responses and the natural helper cell.
    Immunology 132: 475-481, 2011.
  3. Koyasu S, Moro K, Tanabe M, Takeuchi T.
    Natural Helper Cells: a new player in the innate immune response against helminth infection.
    Adv. Immunol. 108: 21-44, 2010.

研究所セミナー:開催スケジュール

  • 第13回 田中 啓二 先生(東京都医学総合研究所)
                         (12月8日)
  • 第12回 綿田 裕孝 先生(順天堂大学)   (10月20日)
  • 第11回 須田 年生 先生(慶応大学)    (9月29日)
  • 第10回 北 潔 先生(東京大学)      (7月14日)
  • 第9回   徳永 勝士 先生(東京大学)    (6月9日)
  • 第8回   小安 重夫 先生(理化学研究所)  (4月21日)
  • 第7回   Jeffery S. Cox 先生 (UCSF)    (3月25日)

主催・連絡先

国立国際医療研究センター研究所長:清水 孝雄

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。