メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > セミナー開催情報 > 第12回研究所セミナー

第12回研究所セミナー

NCGM糖尿病研究センター共催

日時

2014年10月20日(月曜日)17時~18時

場所

研究所A・B会議室(国府台中継)

講師

綿田 裕孝 先生(順天堂大学)

演題

膵島細胞の生死を調節して糖尿病を良くしたい。

講演要旨

1型糖尿病においても、2型糖尿病においても絶対的あるいは相対的な機能的膵β細胞量の低下がその病態の根本の一つである。したがって、糖尿病の根治を考えるうえで、機能的膵β細胞量を増加させうる手段を見つける必要がある。そのためには、機能的膵β細胞量の調節メカニズムを解明し、病態における異常を解明し、それを修正する手段を開発する必要がある。

膵β細胞量はその数を増加させる機構と減少させる機構とのバランスにより調整されている。2型糖尿病において膵β細胞量の減少は、一部には、高血糖や高遊離脂肪酸血症に由来する膵β細胞内のERストレスや、酸化ストレス増加がapoptosisを誘導することに由来すると考えられているが、この防御機構として膵β細胞オートファジー機構があり、2型糖尿病ではオートファジー不全がその病態に関与する可能性がある。したがって、膵β細胞のオートファジー促進は2型糖尿病の治療手段となりえる。

一方、近年では、膵β細胞のdirect reprogrammingによる他細胞への形質転換も膵β細胞量の低下に関与すると考えられている。我々の研究室では、糖尿病状態で実際にどのようなreprogrammingが起こるのか検討しており、その情報に基づく、膵β細胞量増加法の確立の可能性を探索している。

本講演では、我々の研究室で行ってきた膵β細胞量の調節機構に関する研究データを提示し、今後の糖尿病治療への応用に関して討議したい。

代表論文

  1. Watada H, Scheel DW, Leung J, German MS.
    Distinct gene expression programs function in progenitor and mature islet cells.
    J Biol Chem. 278(19):17130-40, 2003.
  2. Ebato C, Uchida T, Arakawa M, Komatsu M, Ueno T, Komiya K, Azuma K, Hirose T, Tanaka K, Kominami E, Kawamori R, Fujitani Y, Watada H.
    Autophagy is important in islet homeostasis and compensatory increase of beta cell mass in response to high-fat diet.
    Cell Metab. 8(4):325-32, 2008.
  3. Kim H, Toyofuku Y, Lynn FC, Chak E, Uchida T, Mizukami H, Fujitani Y, Kawamori R, Miyatsuka T, Kosaka Y, Yang K, Honig G, van der Hart M, Kishimoto N, Wang J, Yagihashi S, Tecott LH, Watada H, German MS.
    Serotonin regulates pancreatic beta cell mass during pregnancy.
    Nat Med. 16(7):804-8, 2010.
  4. Tamaki M, Fujitani Y, Hara A, Uchida T, Tamura Y, Takeno K, Kawaguchi M, Watanabe T, Ogihara T, Fukunaka A, Shimizu T, Mita T, Kanazawa A, Imaizumi MO, Abe T, Kiyonari H, Hojyo S, Fukada T, Kawauchi T, Nagamatsu S, Hirano T, Kawamori R, Watada H.
    The diabetes-susceptible gene SLC30A8/ZnT8 regulates hepatic insulin clearance.
    J Clin Invest. 123(10):4513-24, 2013.
  5. Shigihara N, Fukunaka A, Hara A, Komiya K, Honda A, Uchida T, Abe H, Toyofuku Y, Tamaki M, Ogihara T, Miyatsuka T, Hiddinga HJ, Sakagashira S, Koike M, Uchiyama Y, Yoshimori T, Eberhardt NL, Fujitani Y, Watada H.
    Human IAPP-induced pancreatic β cell toxicity and its regulation by autophagy.
    J Clin Invest. 124(8): 3634-44, 2014.

研究所セミナー:開催スケジュール

  • 第14回 水島 昇 先生(東京大学)     (2月16日)
  • 第13回 田中 啓二 先生(東京都医学総合研究所)
                         (12月8日)
  • 第12回 綿田 裕孝 先生(順天堂大学)   (10月20日)
  • 第11回 須田 年生 先生(慶応大学)    (9月29日)

主催・連絡先

国立国際医療研究センター研究所長:清水 孝雄

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。