メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > セミナー開催情報 > 第29回研究所セミナー

第29回研究所セミナー

日時

2016年7月25日(月曜日)17時~18時

場所

研究所A・B会議室(国府台中継)

講師

青木 淳賢 先生(東北大学)

演題

免疫抑制機能を持つ新規リゾリン脂質メディエーター リゾホスファチジルセリン

講演要旨

リゾリン脂質はリン脂質(ジアシルリン脂質)の2本の脂肪酸のうちの片方が、ホスホリパーゼA1(PLA1)またはホスホリパーゼA2(PLA2)によって切断されたものの総称である。生体内には極性頭部の構造の異なるさまざまなリゾリン脂質が存在する。近年、リゾホスファチジン酸(LPA)、スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)、また、最近、リリゾホスファチジルセリン(LysoPS)、リゾホスファチジルイノシトール(LPI)といったリゾリン脂質が脂質メディエーターとしてさまざまな生理的・病理的機能を有することが明らかになってきた。我々は最近、GPCRを評価する新規手法(TGFa切断アッセイ)を開発し、本手法を用い、オーファンGPCRのリガンドを探索し、LysoPSに特異的に応答するGPCRを複数
同定した(Nat Methods 2012, J Biochem 2012)。これらの受容体(LPS1, LPS2, LPS2L, LPS3)と命名はもっぱら免疫系細胞に発現している。また、これまで、数百種類のLysoPSの構造誘導体を合成し、内在のLysoPSより数百倍の活性を示すアナログを開発している(J Med Chem 2009, 2015, 2016, J Biochem 2015)。現在、我々はこれらツールと受容体KOマウスを用いたLysoPS機能の解明を目指している。本発表では、最近明らかになってきたLysoPSの新規免疫抑制機能について我々の知見を紹介したい。

研究所セミナー:開催スケジュール

  • 第29回 青木 淳賢 先生(東北大学)    (7月25日)
  • 第28回 西野 武士 先生(東京大学・日本医科大学)
                         (6月13日)

主催・連絡先

国立国際医療研究センター理事:清水 孝雄

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。