ホーム > トピック・関連情報 > プレスリリース > IoT活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究(PRISM-J)における臨床研究開始について

IoT活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究(PRISM-J)における臨床研究開始について
-2型糖尿病患者におけるIoT活用の行動変容と血糖改善効果の検証-

2017年12月27日

 国立国際医療研究センター

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 糖尿病研究センター(センター長:植木浩二郎)は、「IoT※1活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究(PRISM-J)-2型糖尿病患者におけるIoT活用の行動変容と血糖改善効果の検証-」の臨床研究を開始します。

当センターは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「平成29年度「IoT等活用生活習慣病行動変容研究事業」の採択を受け、2型糖尿病患者2,000人を対象とした臨床研究「IoT活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究(PRISM-J)~2型糖尿病患者におけるIoT活用の行動変容と血糖改善効果の検証~」の臨床研究を開始します。

厚生労働省 平成25年度特定健診・保健指導実施状況調査によれば、特定健診で受診を勧められても、病院に行かない方の割合は約50%(2,790万人)であり、積極的に治療を受ける患者の割合は低く、糖尿病においても早期発見・早期治療が十分に実施できているとはいえません。糖尿病を含む生活習慣病の医療費は、医療費全体の11.3%に達するほか、網膜症や腎症、心筋梗塞、脳梗塞などに加え、悪性腫瘍、認知症の発症リスクを高めるため、重症化を予防することは患者自身の生活の質(QOL)の改善という観点からも重要です。

本研究では、対象者へ通信機能をもつ測定機器(血圧計、体重体組成計、活動量計)を無償貸与し、患者自身がスマートフォンを使って、日々の健康情報をセルフモニタリングすることに加え、介入群は、本研究で使用する七福神アプリ※2により日々の健康情報に基づいたメッセージを受けることで、血糖の改善効果を検証します。

また、医師は七福神アプリが提供する健康データや指導者用サマリーレポートにより、診察日と診察日の間の健康状態、生活態度を簡便に把握することができるようになります。

既存の糖尿病患者がIoTを活用して無理なく生活改善に取り組みながら、QOLと血糖を改善できる手法を検証する重要な研究であり、今後の糖尿病治療のあり方に大きな変革をもたらす可能性のある取り組みです。多くの皆さまが本研究にご協力下さることを期待しています。

  1. IoT(アイオーティー)とは、身の回りの機械がインターネットを通じてつながることにより実現する新たなサービスや技術のことです。
  2. 七福神アプリは、公益財団法人 愛知県健康づくり振興事業団が経済産業省「平成27年度補正予算IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(企業保険者等が有する個人の健康・医療情報を活用した行動変容促進事業)」の結果に基づき、バージョンアップして開発をしたスマートフォン専用アプリケーションです。

研究期間

2017年12月から2020年3月31日

本件に関しまして、下記の要領で取材していただける場を設けております。

※定員に達した場合は、ご参加をお断りする場合がございますので、なるべく早めにご連絡ください。
なお、取材の時間等については、調整させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

本件に関するお問合せ先

株式会社三菱総合研究所 社会 ICT イノベーション本部
電話:080-8061-9324
平日10:00~17:00(除く12月29日-1月4日)
E-mail:iot-info@ml.mri.co.jp

研究開発代表者

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
糖尿病研究センター 植木 浩二郎

研究開発分担機関

研究協力企業(企業名五十音順)

研究協力学会・協会

被験者リクルート協力団体(団体名五十音順)

※本件への掲載について2017年12月13日までにご許可頂きました健保・企業様のみ掲載しています。

トピック・関連情報
国立国際医療研究センター
ページの先頭へ戻る