メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 研究所について > 概要

概要

沿 革

昭和49年

国立病院医療センター設立に伴い、国立病院医療センター臨床研究部として発足した。

平成5年

国立病院医療センターが国立療養所中野病院と統合し、国立国際医療センター(International Medical Center of Japan, IMCJ)となったのに伴い、国立国際医療センター研究所として新たに設立した。

平成22年

4月1日

国立国際医療センターは、独立行政法人国立国際医療研究センターとなった。

平成27年

4月1日

独立行政法人国立国際医療研究センターは、国立研究開発法人国立国際医療研究センターとなった。

目的

イメージ画像

感染症、糖尿病・代謝性疾患ならびに肝炎・免疫疾患の発症機序の解明につながる基礎的研究をはじめ、 先駆的な診断・治療法の開発を目指す橋渡し研究ならびに臨床研究を行い、それらの成果を通じて、医療による国際協力、国際貢献に寄与すること。

研究分野

研究所写真
  • 新興・再興感染症及びエイズ等の感染症
  • 糖尿病・代謝性疾患
  • 肝炎・免疫疾患

歴代所長

氏名
高久 史麿
(事務取扱)
平成5年10月 平成6年3月
竹田 美文 平成6年4月 平成11年3月
吉倉  廣 平成11年4月 平成13年3月
笹月 健彦 平成13年4月 平成16年4月
倉辻 忠俊 平成16年4月 平成17年3月
桐野 高明 平成17年4月 平成20年3月
春日 雅人 平成20年4月 平成25年3月
清水 孝雄 平成25年4月 平成28年3月
満屋 裕明 平成28年4月 現職