メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > セミナー開催情報 > 第10回研究所セミナー

第10回研究所セミナー

日時

2014年7月14日(月曜日)17時~18時

場所

研究所A・B会議室(国府台中継)

講師

北 潔 先生(東京大学)

演題

薬剤標的としてのミトコンドリア:寄生虫からがん細胞まで

講演要旨

寄生虫やある種のがん細胞は低酸素下に生存し、増殖する。
そのため特殊なエネルギー代謝系を誘導して環境に適応しており、ミトコンドリアの性質も宿主や正常細胞と大きく異なっている。
この相違は格好な薬剤標的となる。

代表論文

  1. Kita K, Yamato I, Anraku, Y.
    Purification and properties of cytochrome b556 in the respiratory chain of aerobically grown Escherichia coli K12.
    J. Biol. Chem. 253, 8910-8915, 1978.
  2. Omura S, Miyadera H, Ui H, Shiomi K, Yamaguchi Y, Masuma R, Nagamitsu T, Iwai Y, Takano D, Sunazuka T, Harder A, Klbl H, Namikoshi M, Miyoshi H, Sakamoto K, Kita K.
    An anthelmintic compound nafuredin shows selective inhibition of complex I in helminth mitochondria.
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 98, 60-62, 2001.
  3. Shiba T, Kido Y, Sakamoto K, Inaoka DK, Tsuge C, Tatsumi R, Takahashi G, Balogun EO, Nara T, Aoki T, Honma T, Tanaka A, Inoue M, Matsuoka S, Saimoto H, Moore ML, Harada S, Kita K.
    Structure of the trypanosome cyanide-insensitive alternative oxidase, a promising drug target.
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 110, 4580-4585, 2013.

研究所セミナー:開催スケジュール

  • 第14回 水島 昇 先生(東京大学)     (2月16日)
  • 第13回 田中 啓二 先生(東京都医学総合研究所)
                         (12月8日)
  • 第12回 綿田 裕孝 先生(順天堂大学)   (10月20日)
  • 第11回 須田 年生 先生(慶応大学)    (9月29日)
  • 第10回 北 潔 先生(東京大学)      (7月14日)
  • 第9回   徳永 勝士 先生(東京大学)    (6月9日)

主催・連絡先

国立国際医療研究センター研究所長:清水 孝雄

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。